恋愛
ミシュラン獲得のシェフ松嶋啓介の男が考えるメンズ胃袋研究所
12.Feb.2018

松嶋啓介シェフ「鍋パは女の品評会」【第6回】

冬になるとよくSNSで鍋パーティーの様子を見るが増えますね。でも、シェフの松嶋さん曰く、鍋パーティーこそ“最大の婚活場”だそう。いったい男性にとって鍋パはどんな意味があるのでしょうか? 詳しく聞いてみましょう。

pattern_1
シェフの松嶋さんが住むニースは、朝晩は冷え込むものの昼間は15~6度まで気温が上がる日も。美しい海岸線に描かれる真っ赤な夕焼けは一度でいいから見てみたいですね!


えっ! 鍋パは冬の最大の婚活場?

こんにちは。
シェフの松嶋啓介です。
この季節は男女数人で集まって鍋パーティーなんて、ニースに住んでいる僕からしたら日本の冬らしくて最高ですね。
大勢で楽しく、美味しくて温かい鍋を食べる。
でも鍋パーティーを「楽しい食事会」と思っているみなさま、それは大きな間違いです。

鍋パーティーは“成功率の高い婚活の場”であり、いかに男性に対して“自分がいい女”なのかをアピールできる場。
そう、女性にとって最大の品評会とも言えます。

鍋で見える女性の本質

鍋パーティーは男にとっても、彼女や奥さん候補を見つける効率の良い場所とも言えます。
現に僕の友人は“いいな”と思っていた女子を集めて、その中から本命を絞り結婚した人もいます。

では、男は鍋パで女性のどこをチェックしていると思います?

“この女性は気が遣えるがどうか”
「どうぞ」と言って取り分けてくれる女性は、とにかくポイントが高い!

鍋を囲むと女性の本質が見えるんですよ。
代表的には以下の4タイプに分かれます
1.「キャーおいしそう~」と言ってインスタ用の写真を撮る女
2.話は盛り上げるけど、決して働かない女
3.はじめは積極的に鍋を取り分けるけど、後半はまったく動かない女
4.最後まで空いたグラスにお酒を継ぎ足せる女

1.の“インスタ女”は最近増えましたね(笑)。
この手の方は、人に食事を取り分けるよりも、美味しそうな鍋のインスタをUPすることが最優先。つまり『自分』が一番大切なのでしょう。
これは“周りの人を大切にしていない”というプレゼンを自らしているも同然。
インスタのフォロワーも多くて“いい女”なのかもしれませんが、これでは本命候補から除外されてしまいます。

2.の“盛り上げ女”。
大勢でワイワイ楽しむときはこういう楽しい女性にいてもらいたいですが、自分の家庭を築く場合も本命には選ばれにくいですね。

3.の“前半戦だけ女”。
いつもは気が利かないけど、男性がいるから“気が利くフリ”をしているのがバレバレですね。男ってこういう女の“あざとさ”に敏感なもの。前半にポイントが高かった分、その人の“素の部分”を見てしまったときは評価も急降下。

では、4.の“気が利く女”
みんなの分を取り分けてくれる。そして、みんなの飲み物まで気が遣える。
空いたお皿を片づけたり、お酒が進んでいない人にはさっとお水を出してあげたり。
みんなのいる場でさりげなく気を遣え、ナチュラルにさっと動ける女性。
男が奥さんに選びたいのはこういうことができる女性なのです。

大勢で囲む鍋の場って“この人はどういう女性なのか”すごくわかるんですよ。
その女性の育ちや品性まで現れますし、その場だけ“気が利く女”を演じている計算高さまでもが浮き彫りになってしまう。
料理がおいしいとか、顔が可愛いとかは二の次。
“気が遣える女性”に対して男は“おっ!”と思ってしまうものなんです。

ちなみに彼氏や旦那さんとケンカをした日は、夕食のメニューを鍋にすると仲直りしやすいですよ。

忙しく働く人同士は、同じ食卓でゆっくり食事ができるタイミングはなかなか難しいですよね。
同じ鍋を突っつき合うと自然とコミュニケーションが取れ仲良くなれるんです。
一緒に食卓を囲みながら、さっと取り分けてくれたりすると
“あぁ、いつもこうやって愛情を与えてくれているんだ”って男は再認識するものです。

あと鍋パは“あとちょっとで付き合えそう”という男性にも有効。
狙っている男性にリーチをかける場合にもぜひ鍋パやってみてください。

「鍋パやろうよ!」
これなら女性からも誘いやすいし、冬ならではの限定感もあり男性側も断る理由はありません。

“気遣いのできる女”を演出できる最大の場。
寒い季節も「鍋パ」でステキな男性を引き寄せましょう。

では、今日はここで失礼します。

松嶋啓介

松嶋さんが料理教室を開催!『松嶋啓介郷里教室 美食の寺子屋 タルトシトロン』

---

---
2018年2月18日(日)11:00~14:30

Keisuke Matsushima Tokyoで料理教室を開催。
なんと、タイミングよく来日中のシェフ松嶋さんがみんなにレクチャーしてくれます。
今回はニースの伝統スイーツ、レモンを使ったさっぱりした甘さのタルト。これなら甘いものが苦手な彼に作っても喜ばれそう。松嶋シェフから直接料理を学べるこんなチャンス、絶対に見逃さないでね!

金額 おひとり様¥8000(サービス料、税金込み。当日現金でお支払いください)

【お申し込み方法】
2月16日までにKeisuke Matsushimaレセプションデスク(03-5772-2091)までお電話で申し込みください。※開催日前日ならび当日のキャンセルはキャンセル料として全額お支払いいただきます。

松嶋さんと一緒に行く南フランスツアー

フレンチシェフ松嶋さんが同行し南フランス・プロヴァンスのグルメや個性的なホテル滞在が楽しめるツアー。特別に旬の食材を使い、松嶋シェフが調理したディナー付き。普通のツアーでは味わえない旅になりそう!
4月13日出発予定 7日間
詳しくはこちらをクリック↓


SHOP DATA『KEISUKE MATSUSHIMA』

予約はレセプションデスク TEL03-5772-2091

・住所 東京都渋谷区神宮前1-4-20 パークコート神宮前1F KEISUKE MATSUSHIMA

・営業時間 昼 11:30 ~ 15:00(LO 14:00)
夜 18:00 ~ 23:00(LO 21:00)※日曜日 LO 20:00

・定休日 無休
(年末年始休暇/その他臨時休業除く)

・最寄駅 千代田線:明治神宮前 5 番出口より徒歩10 分 山手線:原宿駅 竹下口より徒歩10 分

・オフィシャルHP http://keisukematsushima.tokyo/
・ニースの店舗はこちらをチェック https://keisukematsushima.com/

pattern_1

インタビュー・文/西村真紀

キーワード

急上昇キーワード

あなたへのおすすめ