恋愛
デヴィ夫人の婚活論「選ばれる女におなりなさい」
03.Jan.2018

【第6回】「なぜわたくしは選ばれたのか?」

【第6回】なぜわたくしは選ばれたのか?

今年一発目のデヴィ夫人の婚活論。今回は一年のスタートにふさわしく、デヴィ夫人が大統領から選ばれた理由を分析してもらいました。インタビューでこのお話をお伺いしたスタッフは、身が研ぎ澄まされる気持ちに。婚活をする女子全員に読んでもらいたい今回のお話は、まさに永久保存版! 何度も読んで心に刻みましょう。

pattern_1

大統領が私を選んだ理由

みなさま、新年あけましておめでとうございます。
デヴィ・スカルノでございます。
わたくしの連載を読んでくださっているみなさまが、少しでも多くの良縁に恵まれますように今年も婚活論をはじめて参りましょう。

前回はわたくしがインドネシアのスカルノ大統領から、わずか2週間でプロポーズされた話をいたしました。

では今回は、“なぜわたくしが大統領から選ばれたのか”このお話をしていきましょう。

19歳の時のわたくしは、自分の容姿の美しさを自負しておりました。
よく「美人だったから大統領に選ばれたのではないか?」ということを言われますが、
理由はそれだけではありません。

わたくしが他の人と違っていたところは・・・
人並外れた上昇志向。
そして、未知の世界への希望と勇気を持ち合わせておりました。

貧しかった幼少時代

わたくしは幼いころから非常に貧しい家で育ったので、小学校に上がるときにはセーラー服がなくて。母が父のマントをほぐし、白い線を買ってきてセーラー服を作ってくれました。
みそ汁に入れる具がなくて、都電の線路沿いに映えている雑草を入れていたこともありました。
わたくしが子供ながらに傷ついたことは、学校でお金持ちのお子さんに対して先生の態度が違うこと。お金持ちのお子さんたちは必ず学芸会に出してもらえるのだけど、うちは家が貧乏だったので出してもらえず。私は絵を描くことが上手だったので紙芝居係に。
小さい頃から、世の中は不公平、不条理なことでいっぱいって怒りを感じていたのよ。
社会正義のために戦わなくてはと。
だからこそ、わたくしは勉強をしたの。
教養を身につければ人の上に立てると信じて。

だからこそ、むさぼるように本を読み漁っていました。
スタンダールの『赤と黒』を読んではレナール夫人に、バルザックの『谷間の百合』を読んではアンリエット・モルソーフ夫人になりきっていたし、トルストイの『戦争と平和』ではナターシャになりきって。
中学では廊下に成績が張り出されるのですが、いつもトップクラスに。
特に歴史と英語は3年間ずっとクラスで一番でした。

当時は先生も学友も私が高校へ進学するものだと思っていたようですが、学友の母から私の学費を借りて、返せず催促されている母を見て、私は少しでも早く自分の手で収入を得て母を助けたいという強い気持ちから、何の迷いもなく就職を選びました。
赤坂のサパー・クラブで働くことにしたのも、母の助け、弟を大学に入れてあげたかったからと、色々なお稽古事に大変なお金がかかるからでした。
働きながらも、日舞は舞台に出られるまで上達して、初舞台は三越劇場でした。
華道は草月流、茶道は裏千家に、英語力を伸ばすために世界のペンフレンド・クラブに入り生きた英語を身につけました。
毎朝、新聞は隅まで目を通し、そのクラブでは海外のエグゼクティブな方と政治や経済の話を英語でしておりました。

なりたい自分になれるようワクワクして進むこと

生まれた家はとても貧しかったけど、私にはまったく不幸という感覚はありませんでした。
これは見栄や強がりではなくて、教養を身につけるほど、希望に満ち溢れていく気分を感じていたわ。
“私はこんな人生を送りたい”
なりたい自分のヴィジョンを描き、それに向かって着実に歩み進んでいく。
何かを身につけるたびに、何かに気が付くたびに、何かを知るたびに未知の世界の扉が開けるようで、常にワクワクしていたのを覚えております。

「世の中が悪い」「自分は不運だ」なんて逆恨みをするのではなく
どんな境遇で生まれたとしても、自力で勉強して這い上がり立派に暮らしている人はたくさんいらっしゃいます。
もし、自分を不幸だと思うなら、さらに不幸な人を思いなさい。

「高年収なイケメンと玉の輿に乗りたい!」
こんなことをおっしゃる方がいらっしゃいますよね。
お相手を高望みすることは構いませんよ。
でも、“あなたはそんな素敵な男性に見染められるようにどんな努力をなさっているのかしら?”
わたくしはこう問いたいのです。

まずは、自分の境遇を受け入れ、自分を高める努力をする。

わたくしは常に上昇志向を持ち希望を思い抱いていたから、インドネシアの大統領に出会うチャンスが訪れたときに臆することなく会話を楽しむことができたのだと思います。

女性ですから“美”はもちろん大切です。
でも、教養や知識を蓄えて自分を高めることができていたら、巡ってきたチャンスを逃すことなく実を結ぶことも増えるのではないかしら。

まずは、自分を高めること。
ステキな男性と出会える場所に積極的にいくこと。
そして、自分にチャンスが巡ってきたら必ず掴むこと。

この3つのポイントを常に意識していたら、今年はあなたの理想を超える男性とのロマンスも夢じゃないわ。

さぁ、今年は婚活と同時に自分を高めることをお忘れなく。

では、今日はここで失礼いたします。
ごきげんよう。
デヴィ・スカルノ

デヴィ・スカルノ
19歳でインドネシアに渡り、22歳でインドネシアの初代大統領スカルノ氏と結婚。日本人で海外の国家元首の妻になったたったひとりの女性。大統領が亡くなった後はパリへ拠点を移し、社交界では『東洋の真珠』とうたわれ、デヴィ婦人の愛称で親しまれる。華麗な経歴、そして浮世離れした存在感として講演、コメンテーター、バラエティー、他TV番組等多様に展開。また地球規模で慈善活動を行っている。

公式サイト http://www.dewisukarno.co.jp/
オフィシャルブログ http://www.dewisukarno.co.jp/
Twitter https://twitter.com/dewisukarno


インタビュー・文/西村真紀

キーワード

急上昇キーワード

あなたへのおすすめ