恋愛
選ばれる女におなりなさい
05.Dec.2018

デヴィ夫人の婚活論『男性に尽くせば尽くすほど下がるあなたの価値』【第46回】

書籍発売中の大人気連載デヴィ夫人の婚活論「選ばれる女におなりなさい」。

pattern_1

日本人でただ一人、海外の大統領の妻になったデヴィ夫人

昭和・平成を駆け抜けた最強のレディ・デヴィ夫人。
誰もがハッとするような美貌を持ち、持ち前の運の強さで偶然に大統領夫人に選ばれたと思われがちですが……実は、デヴィ夫人自らが、アイディアとモテ技を駆使して引き寄せた、国を超えたロマンスなのです。
「どうやったら素敵な男性に出会えるの?」「ハイスペックの男性から愛される秘密は?」そんな女性からの質問にすべてお答えします!

第1章では、「デヴィ夫人の華麗なる激動の人生」と題し、貧しい生い立ちからインドネシアの大統領夫人、パリの社交界、そして日本での芸能活動までを回想。
第2章では、with onlineの人気連載で特に人気のエピソードを抜粋。

書籍にはデヴィ夫人の美貌あふれる未公開写真も満載!

👇ココから購入ができます!
今日のデヴィ夫人の婚活論は男性に尽くすことについて。昔から「良い女=尽くすこと」と言われることが多いのですが、良き彼女、良き奥さんになるためには、男性に尽くすことが本当に必要なのでしょうか? さっそく夫人にお伺いしてみましょう。

二人の関係は対等が基本!

pattern_1
ホテルオークラでの憩いのひととき。和装のデヴィ夫人。
みなさま、ごきげんよう。
デヴィ・スカルノでございます。

「男性から愛されるためには、尽くさなければいけない」。こう思っている日本の女性がとても多いように思います。多くの女性に目を覚ましていただきたいと思っているので、ここはハッキリと言わせていただきます。あなたが男性に尽くせば尽くすほど、あなたの価値は下がっているのです!

あら、みなさま、驚かれたかしら?“女性は男性に尽くしなさい”古くから日本の女性はこれを美徳として教えられてきたから、その真逆の考えですよね。しかも、愛されるどころか、尽くすことで女性の価値が下がるなんて言われたら驚くのも無理はありません。

では、なぜ尽くすとあなたの価値が下がるとお思いかしら? お付き合いをしているとき、そして結婚生活では、男女は“対等な関係”でなければならないの。それは相手が年上でも、大富豪など、どんなにハイスペックな男性だとしても、結婚をする以上は対等な関係でなければなりません。

お互いがお互いを支え助け合う。男女の関係は、どちらか一方だけが頑張っていてもダメなのよ。だから、女性だけが男性の言いなりみたいに尽くし続ける必要はないわ。それに女性が尽くし過ぎると、男性は尽くされることが当たり前になってしまうのです。あなたが一生懸命に尽くしても、結果として男性はつけ上がるだけ。それでは幸せな結婚とは言えません。

次のページ>>「女性の“尽くすこと”の勘違い」

35 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ