恋愛
選ばれる女におなりなさい
29.Nov.2017

デヴィ夫人の婚活論「日本の女性よ、迷わず結婚いたしましょう!」【第1回】

大好評発売中! シリーズ累計15万部突破!

pattern_1

日本人でただ一人、海外の大統領の妻になったデヴィ夫人

昭和・平成を駆け抜けた最強のレディ・デヴィ夫人。
誰もがハッとするような美貌を持ち、持ち前の運の強さで偶然に大統領夫人に選ばれたと思われがちですが……実は、デヴィ夫人自らが、アイディアとモテ技を駆使して引き寄せた、国を超えたロマンスなのです。
「どうやったら素敵な男性に出会えるの?」「ハイスペックの男性から愛される秘密は?」そんな女性からの質問にすべてお答えします!

第1章では、「デヴィ夫人の華麗なる激動の人生」と題し、貧しい生い立ちからインドネシアの大統領夫人、パリの社交界、そして日本での芸能活動までを回想。
第2章では、with onlineの人気連載で特に人気のエピソードを抜粋。

書籍にはデヴィ夫人の美貌あふれる未公開写真も満載!

👇ココから購入ができます!

第1話 はじめのご挨拶

今回から始まりました、デヴィ夫人の新連載。日本人でただ一人、海外の国家元首の妻に選ばれるというすごい経歴をお持ちのデヴィ夫人から“結婚”のヒントになるお話を皆さんにお届けしていきます。私たちwith onlineのスタッフもお話を聞きながらびっくりするエピソードがいっぱい! これは絶対に見逃せません!

みなさま結婚いたしましょう!


pattern_1

みなさま、ごきげんよう。
デヴィ・スカルノです。

わたくしが生まれたときに両親からもらった名前は根本七保子(ねもとなおこ)と申しますが、22歳でインドネシアの初代大統領スカルノと結婚し、現在までデヴィ・スカルノとして生きてきました。

正式には、ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ。
この名前はスカルノ大統領と結婚し、インドネシア国籍になったときにいただいたものなのです。サンスクリット語で「宝石の聖なる女神」という意味を持っています。

19歳でインドネシアに渡り、国家元首の妻になったわたくしから、声を大にしてみなさまに伝えたいことがあります。
「日本の女性よ、良縁に恵まれてどんどん結婚いたしましょう!」

今は女性の社会進出も進んで、仕事に、趣味にと邁進して、輝いている女性が多くなりました。実際、男の人以上に活躍している女性もいらっしゃいますね!
でも、わたくしの持論としてはこの一言に尽きるのです。

わたくしの知る限り、一度結婚した方って、離婚してもまた結婚するのよ。
それも何度も!
なんでだとお思いになりますか?

それは、結婚の味を知っていると〝また結婚したい〟って思うぐらい、結婚って素晴らしいものだからです。
だって家でテレビを観ているとき、食事をしているとき、ましてどこかへ出かけるときは、一人よりも二人のほうが楽しいじゃない。一人よりも何倍も楽しいの。

最近は「いい男がいないから結婚しない!」という女性の意見もよく聞きますね。確かにそうかもしれません。だって、いい男なんてそんなにごろごろ転がっているものではありませんもの。
次のページ>>「人間は孤独に勝てない生き物」  
30 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ