恋愛
デヴィ夫人の婚活論「選ばれる女におなりなさい」
07.Feb.2018

デヴィ夫人の婚活論「いい男と悪い男の見分け方」【第11回】

いい男と悪い男の見分け方

今日のデヴィ夫人の婚活論は、読者から“知りたい”とリクエストが多かった『危ない男』と『いい男』の見分け方。うっかり悪い男を好きになってしまったら、婚期を逃してしまうし、気持ちのダメージも大きいですよね。そんなことに合わないためにも、デヴィ夫人の人生経験からダメ男を選ばない方法を教えてもらいましょう。

pattern_1
このゴージャスな宮殿はデヴィ夫人のジャカルタの自宅。美しいフォルムの階段が自宅なんて!!!

危険な男

みなさん、ごきげんよう。
デヴィ・スカルノでございます。

『女が男を選んではダメ。女は男から選ばれるの』
これはわたくしがずっと言い続けている婚活論でございますが、
最近は悪い男を自分から好きになってしまう女性も多いようですね。

わたくしぐらいになりますと、“悪い男”はすぐ見分けることができます。
“女の勘”というものですね。

“自分が本当に愛されているのか”
“肉体だけの遊び相手かどうか”
これは普通にお付き合いをされていれば、その男の真剣度でお分かりになりませんか?

まず、付き合っている彼氏や旦那が浮気をしているとします。
『してない』って否定する男はいいわよ。
自分の保身のためもあるけど、愛があれば結局戻ってくるから。
そこで開き直るような男はおしまい。
そんな男は無責任、それにあなたにもう冷めているのかも。

未来を語らない男

彼や夫とお互いに愛し合い、いい関係を築いていたら
「自分は将来こうなりたい」
「こんな家庭を築きたい」
というような“自分の未来”のこと、“ふたりの未来のこと”が会話に出てくるようになると思うの。
もし一緒にいても『未来のこと』が会話で出てこないんだったら、それは危険のサイン。

その理由は2つあって、
まずは、あなたが“単なる遊び相手である場合”、
もしくは、男が“自分の未来設計”ができていない場合よ。
遊びの場合は、男側があなたとの未来を考えていないから会話に出ようがないし、
いい年齢を迎えても自分の将来のことを考えてないようだったら結婚しても心配よね。

ごくたまに、ふたりの未来を語る『詐欺師』もいるみたいですが、それはお金の貸し借りの話が出ると思うの。もうそうなったらアウト!
自尊心のあるキチンとした男は女にお金は絶対に借りませんから!
だから女も絶対にお金を貸してはダメよ。
お金を出さなければ関係が切れるなんて最低! 
お気をつけ遊ばせ。危険です。

普段の会話から“いい男”を見分けるには

デートの時の会話やメールでも、いい男かダメ男かは見分けることができるわ。

私が若い頃は、その男性が“読んでいる本”でその人の嗜好を観察したものよ。
マンガばっかり読んでいたら困っちゃうわね(笑)
今だったら“映画”もいいヒントになるわね!

でも今の時代は紙媒体からネット社会。
慣れてきたらニュースの話をしてごらんなさい。
いまなんてインターネットのおかげで、日本だけじゃなくて海外のニュースも簡単に読めるじゃない。
その週に起きた社会問題や大事件をデートの時に語り合ってみなさい。

“ニュースを見ていない”
“社会問題に対して何の興味もない”

こんな男はちょっと困ったわね。
投資、経済も関係してくるので・・・
結婚してもあなたのことを幸せにして養っていけるのかしら?
あとは、その男性の生活力を知るために『仕事』の話もしてみるべきね。
どんなタイプの男性を選ぼうと、あなたが好きになった人のことをわたくしはとやかく言うつもりはありません。
でも、これだけは言わせていただくわ。
“お金”にだらしない男は、ダメよ。
どんなに財力がありステキでカッコよくても、すべてにおいてだらしないと困るわね。
つい最近も隠し子が4人も居た人と結婚したタレントさんがいたわね。
どうなるのかしら。人事ですけど。

男は結婚して“妻”や“子”を養わないといけないから、ちゃんと働いていることが大前提!
1日の長い時間を仕事に充てることが多いから、自分のやりたいことを仕事にしている男性はラッキーよね。
でも、生活のために致し方なく働いていたとしても、ちゃんと仕事をしていてくれたらいいの。仕事は大切です。

『いい男』に選ばれるために

“女性に対して優しい”
これも大切なポイントね。でも、上辺の優しさや下心のある優しさもある。
でも、真の男かどうかを見分ける最大のポイントは
“世界中を敵に回してもあなたを守ろうとする人”
それで男の覚悟も見えるじゃない。

わたくしの好みの男性のポイントは
“趣味が良くて、立場があって、収入のある男性”
どこか一緒に出掛けても、わたくしにお金を払わせない人がいいわね(笑)
だって、わたくしがお金を払ったら、愛人を連れて歩いているみたいじゃありませんか。

みなさんも女性にお金を払わせるような男と付き合っているようでは、いつまでも結婚できないわね。
“会ったときにドキッとした男”
そんな男性と一緒に楽しい時間を過ごしたりしながら、自分にふり向かせようとした方がよろしいんじゃない?

でも、あまりに収入が少ないのでは困ってしまうけど、収入や出世のことばかりの“玉の輿”狙いに焦点を絞ってしまったら、大切な男の本質を見逃してしまいますよ!
大体、ひとつのことに成功している男性は、立派な人が多いですけれど。
今、不遇でもこの人は将来絶対大物になると信じて尽くす喜びもあるわ。
お金なんてふたりで稼げばいいじゃない。
苦楽を共にしながら、一緒にお金を貯めて、一緒に子供を育てる。
ふたりのパートナーシップが築かれ、思いあっている結婚の方が幸せよ。

『一緒にいたら楽しい』
この人とだったら将来を共にしてもいいと思うような男性から選ばれる女になることが、幸せな結婚の近道ね。

それでは、本日はここで失礼いたします。
ごきげんよう。

デヴィ・スカルノ

デヴィ・スカルノ
19歳でインドネシアに渡り、22歳でインドネシアの初代大統領スカルノ氏と結婚。日本人で海外の国家元首の妻になったたったひとりの女性。大統領が亡くなった後はパリへ拠点を移し、社交界では『東洋の真珠』とうたわれ、デヴィ婦人の愛称で親しまれる。華麗な経歴、そして浮世離れした存在感として講演、コメンテーター、バラエティー、他TV番組等多様に展開。また地球規模で慈善活動を行っている。

公式サイト http://www.dewisukarno.co.jp/
オフィシャルブログ http://www.dewisukarno.co.jp/
Twitter https://twitter.com/dewisukarno


インタビュー・文/西村真紀

キーワード

急上昇キーワード

あなたへのおすすめ