恋愛
選ばれる女におなりなさい
07.Feb.2018

デヴィ夫人の婚活論「いい男と悪い男の見分け方」【第11回】

好評発売中! 大人気連載デヴィ夫人の婚活論「選ばれる女におなりなさい」。

pattern_1

日本人でただ一人、海外の大統領の妻になったデヴィ夫人

昭和・平成を駆け抜けた最強のレディ・デヴィ夫人。
誰もがハッとするような美貌を持ち、持ち前の運の強さで偶然に大統領夫人に選ばれたと思われがちですが……実は、デヴィ夫人自らが、アイディアとモテ技を駆使して引き寄せた、国を超えたロマンスなのです。
「どうやったら素敵な男性に出会えるの?」「ハイスペックの男性から愛される秘密は?」そんな女性からの質問にすべてお答えします!

第1章では、「デヴィ夫人の華麗なる激動の人生」と題し、貧しい生い立ちからインドネシアの大統領夫人、パリの社交界、そして日本での芸能活動までを回想。
第2章では、with onlineの人気連載で特に人気のエピソードを抜粋。

書籍にはデヴィ夫人の美貌あふれる未公開写真も満載!

👇ココから購入ができます!

いい男と悪い男の見分け方

今日のデヴィ夫人の婚活論は、読者から“知りたい”とリクエストが多かった『危ない男』と『いい男』の見分け方。うっかり悪い男を好きになってしまったら、婚期を逃してしまうし、気持ちのダメージも大きいですよね。そんなことに合わないためにも、デヴィ夫人の人生経験からダメ男を選ばない方法を教えてもらいましょう。
pattern_1
スカルノ大統領から“行ってきます”のキスをされるデヴィ夫人。

危険な男

みなさま、ごきげんよう。
デヴィ・スカルノでございます。

『女が男を選んではダメ。女は男から選ばれるの』
これはわたくしがずっと言い続けている婚活論でございますが、最近は悪い男をご自分から好きになってしまう女性も多いようですね。わたくしぐらいになりますと、『悪い男』はすぐ見分けることができます。女の勘というものなのかしら?

自分が本当に愛されているのか? 肉体だけの遊び相手ではないか? これは普通にお付き合いをされていれば、その男の真剣度でお分かりになりませんか?

まず、付き合っている彼氏や夫が浮気をしているとします。『してない』って否定する男はいいわよ。自分の保身のためもあるけど、否定するということはあたなに愛があるということで、そうであれば結局戻ってくるから。でも、そこで開き直るような男はおしまい。ダメな男ね。そんな男は無責任、それにあなたにもう冷めているのかも。

次のページ>>「未来を語らない男」

49 件

キーワード

あなたへのおすすめ