恋愛
選ばれる女におなりなさい
15.Aug.2018

デヴィ夫人の婚活論『彼氏を最高の男に育てる方法』【第37回】

大好評発売中! シリーズ累計15万部突破!

pattern_1

日本人でただ一人、海外の大統領の妻になったデヴィ夫人

昭和・平成を駆け抜けた最強のレディ・デヴィ夫人。
誰もがハッとするような美貌を持ち、持ち前の運の強さで偶然に大統領夫人に選ばれたと思われがちですが……実は、デヴィ夫人自らが、アイディアとモテ技を駆使して引き寄せた、国を超えたロマンスなのです。
「どうやったら素敵な男性に出会えるの?」「ハイスペックの男性から愛される秘密は?」そんな女性からの質問にすべてお答えします!

第1章では、「デヴィ夫人の華麗なる激動の人生」と題し、貧しい生い立ちからインドネシアの大統領夫人、パリの社交界、そして日本での芸能活動までを回想。
第2章では、with onlineの人気連載で特に人気のエピソードを抜粋。

書籍にはデヴィ夫人の美貌あふれる未公開写真も満載!

👇ココから購入ができます!

彼氏を最高の男に育てる方法

とっておきの男性と付き合うより、今付き合っている彼氏や旦那さんを最高の男にできたら・・・。こんな夢のような方法を今回はデヴィ夫人が教えてくれました。果たして男性は女性の頑張り次第で自分好みに育てることができるのでしょうか? さっそくデヴィ夫人に聞いてみましょう。
pattern_1
カリナちゃんとお出かけの夫人。コロンとしたカゴバッグは今持ってもとってもオシャレ。

本当は男性から教養を学びたいけど

みなさま、ごきげんよう。
デヴィ・スカルノでございます。

わたくしは今までたくさんの男性とお付き合いをしてまいりました。ほとんどの方が年上で教養のある方ばかりでした。特にスカルノ大統領からはたくさんのことを学びました。あの頃のわたくしは吸い取り紙がインクを吸うようにむさぼるように学びを得ました。 尊敬、信頼があり、そして博学。女性は若い頃にそういう男性に出会うことができたら本当に幸せですね。

今の時代はどうかしら? 若い人で魅力にあふれる方はたくさんいらっしゃいます。女性のほうが人脈を広げ、いろんな習い事、イベントに参加して、積極的に自分の人生の幅を広げている方が多いように感じますが、みなさまはどうでしょう。

でも、そういう女性に限って、「自分に見合ういい男がいない」「あの人がもっとオシャレだったら」「あの方がもっと資産家だったら」なんて嘆いているのよね。はじめから最高の男を追いかけていたら、世界中どこを探しても見つけることは至難の業。だったら、あなたの手で最高の男を作りましょう。
次のページ>>「まずはルックスから彼を変えよう」  
31 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ