恋愛
選ばれる女におなりなさい
26.Sep.2018

デヴィ夫人の婚活論【大人気連載をまとめ読み】 第7回~第9回

大人気連載デヴィ夫人の婚活論のまとめ読みをお届け!今回は好評だった第7回~第9回「結婚を切り出さない男の対処法」「モテるのは美人より女っぽい女」「男は浮気をする生き物」をお届けします。 恋愛、結婚をするにあたっての心構え、意識、大切なこと。読めば読むほど、タメになるデヴィ夫人の婚活論をお見逃しなく!!

【第7回】「結婚を切り出さない男の対処法」

“付き合って2カ月で結婚は決まる”というデヴィ夫人の婚活論を読んで、ドキッとした人は多かったのではないでしょうか。今回は長く付き合っていても、なかなか結婚に踏み込めない男性への対処法を夫人にお伺いしてきました。夫人ならではの方法は、まさに目からウロコ! 長く付き合っている彼氏がいるなら、勇気を出して試してみるのもおススメです。
pattern_1

撮影/SHITOMICHI(Vale.)

結婚を切り出さない男

みなさん、こぎげんよう。
デヴィ・スカルノでございます。

以前“結婚は2カ月で決まるもの”というお話をさせていただきましたが、この連載を読んでくれている方の中には、長くお付き合いしていても男性から結婚を切り出せてもらっていない人もいらっしゃるのではないかしら?

婚活女子にとって、結婚に対して煮え切らない男性ほど困った存在はありませんよね。
今回はわたくしが考える、男性に結婚を決めさせる方法をお教えいたしますね。

まず、大切なのはタイミング!

男性が女性にプロポーズしない理由のひとつには、男性側の“結婚”に対する準備がまだできていない場合があるの。
“まだ仕事が軌道に乗っていない”とか“まだ環境が整っていない”と考えてなかなか結婚を切り出せないのよ。

そういう男性へは、
“まだ仕事は大変かもしれないけど、これからは一緒に頑張っていきましょう”という女性からの優しく尽くし支える気持ちが必要よね。
そんなときは、こんな言葉を言ってごらんなさい。

『あなたさえいてくれたらいいわ』

「私は将来どんな住まいだって構わない。あなたさえいてくれたらいいわ」
こう言って差し上げてみたら。

男性ってプライドが高い生き物だから、責任感がある男性ほど
“仕事がうまく行ってから”
“年収がいくらになってから”とか自分で作った基準で結婚に対して壁を作ってしまうことがあるの。
彼の仕事が軌道に乗るのを待っていていたら、いったいあなたは今から何年歳を取ることになるのかしら?

だからこそ、お金が無かろうが、まだ仕事がうまく行ってなかろうが
“今のままのあなたがいてくれたらそれでいいの、私は倖せよ”
その気持ちを伝えてみましょう。

もうひとつ、男性が結婚を切り出さない原因に“慣れ”というものがあるわ。
なぜかって、男性って“習慣”に弱いのよ。
長年お付き合いをしていても、結婚にまでたどりつかない方もいらっしゃるわよね。
“鉄も恋も熱いうちに打て”って言うじゃない。
冷めてしまってからではどうにもならないのよ。
冷めているときって“惰性”のお付き合いになってしまっている場合があるから、
そうなったら行動を起こすのは女子側よ!

次のページ>>「ときにはジェラシーも必要」

62 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ