恋愛
大人気ブロガーのリアル恋愛DIARY
11.Oct.2018

桃の恋バナ『目指すべきは空気のような女性』【第5回】

本物の恋の予感

やっぱり恋愛ってどんなに理想があっても、結局はフィーリングなんじゃないかぁと思うのです。
自分が“いいな”と思う条件がいくら当てはまっていても、隣にいてドキドキしない人もいる。でも、その逆で、全然好きなタイプじゃないはずなのに……なんかこの人といるとドキドキするなぁ、なんてことありませんか?
「私、この人のこと、全然タイプじゃないのに好きになっちゃってるかも!!!」って。自分の頭と心が逆の方向に進んでいることに戸惑う自分と、その意外性によりさらに深みにはまっていく自分。
好きなタイプの男性を見つけたら好きになるのって当たり前の反応だよね? でも好きなタイプじゃない人のことを気になり出して、その人のことを考えてしまう 時間が増えると「あ、これは本物の恋だ!」ってなんか確信できる自分がいたりする。
だから意外と好きなタイプって本当に関係なかったりするものなのかもしれませんね。
次のページ>>「恋愛の楽しさは何が起こるかわからないところ」
43 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ