恋愛
大人気ブロガーのリアル恋愛DIARY
14.Mar.2019

10歳年下の彼に反響続々! 桃の新しい恋のまとめ♡

離婚後、はじめて好きな男性ができたこと

みなさんの中には、もしかしたら気が付いていた人もいるかもしれませんが……第15回「ポジティブ男子♡」(記事はコチラから)でも書いた、ポジティブくん。離婚後初めて男性を好きになったのはポジティブくんでした。
ポジティブくんとの出会いは、離婚して落ち込んでいる私を励まそうと友達が計画してくれた合コン。一次会のお店では一番遠い席に座っていて、ほとんど喋れなかったのですが、二次会でポジティブくんの隣に座ったのが始まりでした。

“ポジティブくん”というあだ名からも伝わると思いますが、とっても前向きな性格で、何事にも否定をせず、すべてを受け止めてくれた人。だから一緒にいると離婚で落ち込んでいる自分の心が救われるような気がしました。

でも……お互いへの好意を感じて、いざ「付き合おう」ってなったときに、すぐに「付き合いたい!」って気持ちにはなれなかったんです。離婚してからは「もう二度と誰かを傷つけるようなことはできない」という想いのほうが強くかなり慎重になってしまったんです。

まだ離婚して半年しかたってないし……次に付き合う人とは絶対に再婚したい……。すごく優しくて頭がよくてポジティブで素敵なんだけど、ちょっと決断が早いかな……また同じ失敗を繰り返したらどうしよう……。この人は心から私を愛してくれるのかな…そして私も愛せるようになるのかな…
元旦那さんを超えるような人じゃないと付き合えないかも……。

そんなことを考えて、自分の気持ちの自信のなさから、彼が「付き合おう」と言ってくれた答えを保留にしてしまっていました。

すれ違っていく気持ち

ポジティブくんとはお互いを「好き」だと思っていても、まだ付き合っていないという状態が続いていました。デートはするけど、彼女でも彼氏でもない。こんな状態で男性と一緒にいることがなかったから、だんだんと距離の取り方を難しく感じてしまったんです。

たとえば、恋人にだったら「あれ?」という違和感をお互い話し合うこともできる。でも、まだ付き合っていないのに恋人みたいなことは言いたくない……。向こうも、言いたいことを言えず我慢していたかもしれない。それが歯車が狂いだしたきっかけでした。

そもそもの恋愛に対しての価値観があまり合わない相手だったので、もし、ちゃんと付き合っていたらそこを擦り合わせる作業をがんばっていたのかもしれないけど、まだ付き合っているわけじゃないからと、その価値観のずれを合わせるのが面倒になってしまっていたのです。

お互い歩み寄る、それができるからこそパートナーとして成立するはずなのに、“まだ彼女じゃないから”そんないい訳みたいな気持ちが、ボタンの掛け違いの始まり。お互いに違和感がどんどん大きくなってしまって、結局ポジティブくんとは、お付き合いをせず、会うことをやめてしまいました……。

次のページ>>「自分の「好き♡」に自信を持つこと」

79 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ