恋愛
大人気ブロガーのリアル恋愛DIARY
14.Mar.2019

10歳年下の彼に反響続々! 桃の新しい恋のまとめ♡

自分の「好き♡」に自信を持つこと

ポジティブくんとお付き合いにまで発展しなかったことは、私にとってひとつの教訓になりました。ひとつ学んだことは、「好き」って思える人なんてなかなか現れないんだから、その気持ちをちゃんと大事にして、素直に向き合ってみることが大切ということ。

そのときに足りなかったのは私の覚悟なんだと、ポジティブくんに会わなくなってからはじめて実感しました。いろいろな理由はあるけど、“新しい恋”に踏み込むのが怖かった……。これがすべての原因。恋愛のハードルを勝手に高く設定してしまい、自分の「好き♡」という気持ちの自信が持てなくなってしまったんです。

だからこそ、次、もし「好き」と思う人ができたら、先のことは考えすぎず、とりあえず付き合ってみないと!!!という勉強になりました。

好きになったところで、その人が“運命の人”だなんてわからないし、お互いを知りながら少しずつ見えてくるものもあると思うから。

そんな風に強く思っているときに、今の彼が登場したのです。

彼に自分から告白しちゃった!

私が彼に感じた「好き!!!」って思った気持ちを大切にしたくて、すぐに気持ちを伝えてしまいました。そしたら、「付き合ってください」って向こうが言ってくれました。こんな私が自信を持ってすぐ「好き」って言えたのは、彼との将来を想像すると明るく楽しい未来しか想像できない相手だったからなのです。目の前がパーっと明るくなるような感じがしたんです。

だから、付き合ってすぐに両親に報告するとき、「私はもう大丈夫だよ」って気持ちが溢れて涙が出ました。そんな私を見て両親も涙ぐんでくれて……。何も口には出さずに見守っていてくれていたけど、きっと自分の娘がすごく孤独を感じていたことは容易に想像できたんだと思う。

離婚してからの毎日は、友達が積極的に外に連れ出してくれたおかげでとても充実していました。でも、どこか心にぽっかり穴が開いたままだったような気がします。先の見えない不安がいつまで続くのかもわからなくて苦しかった。

やっぱり好きな人が出来て、私の好きな人も私のことを好きだと言ってくれている。それがどんなに心強く嬉しいことなんだろうって思うんです。そして自分の気持ちに素直になったからこそ、彼と一緒にいることができる。こんな日が私にも来るなんて。

彼のことはもう少し親睦を深めたら、恋バナでも詳しく綴っていきたいと思います!
次のページ>>『彼氏ができてからとっても濃い10日間』
79 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ