恋愛
5000人以上をカウンセリングした恋のプロが指南
24.Jun.2019

『セックスレスになるのは”会話の欠如”と”容姿の劣化”、どっちなのか』藤本シゲユキの一発逆転恋愛学【第22回】

会話の欠如はセックスレスの予兆

こんにちは、悲恋改善アドバイザー改めリアライフカウンセラーの藤本シゲユキです。
前回のコラムでは、セックスレスになる主な3つの理由について解説させていただきました。今回はセックスレスになる原因をもう少し詳しく解説していきましょう。
まず、「セックスレスになる男女って、もうその時点で関係は冷え切っているのでは?」と思っている方が多いかもしれません。しかし、一概にそうとは言えません。

意外にも、「レスだけど仲良し」というカップルや夫婦は多く、その場合、友達同士のような関係を形成しているんですよね。

なぜ仲の良い2人がセックスレスになってしまうのかというと、パートナーのことを「もう男(女)として見られないから」なんですよ。つまり、「パートナーをエロい目で見られないから、性的欲求がわかない」ということです。

あまりにもセックスがなさすぎて、「俺のこと嫌いになったのか?」「私のことを好きじゃないの?」と聞く人がいますが、「好き=セックスしたい」じゃないんですよね。

もちろん、関係が冷え切っているカップルや夫婦がレスになるのは当然のことです。こういった男女は会話がほとんどなく、一緒にいても、お互いがスマホばかりいじっているという光景をよく目にします。これは、「会話がない状態を楽しんでいる」のではなく、「話しても楽しくないし、話すこともない状態」です。

ここまでくると、パートナーに性的対象としての興味だけではなく、人としての興味もなくなっていますね。

また、2人の間に解決しないといけない問題がたくさんあるのに、それを話し合おうともせず放置したままにしているカップルや夫婦も、レスになりやすい傾向にあります。

この状態になると、お互いのことを信用していない上に、普段から踏み込んだ話をしていないので、いくら片方の人間がパートナーに性的魅力を感じていて「セックスしたい」と思っていたとしても、それを口に出せないんですよ。

つまり、「会話のしなさすぎ」と「問題の放置しすぎ」もレスにつながるということです。
25 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ