恋愛
藤本シゲユキ「一発逆転恋愛学」
24.Jun.2019

『セックスレスになるのは”会話の欠如”と”容姿の劣化”、どっちなのか』藤本シゲユキの一発逆転恋愛学【第22回】

セックスレスの本当の原因を見落としている人が多い

実は、この3つの原因はあくまでも表面的な問題であり、根本の原因にはなっていないことがほとんどなんです。

パートナーとのセックスレスに悩んでいる人は、「勇気を出して奥さんのほうから誘ってみましょう」「セックスする日を決めましょう」「容姿を磨きましょう」という解決方法を聞いたことがあると思います。

しかし、「勇気を出して誘った」「タイミングを合わせた」「容姿を磨いた」といった、セックスレスになった”であろう”原因を解消しているはずなのに、それでも解消されない夫婦やカップルが世の中にたくさん存在するのはなぜなのか。

その理由は、もっと根深いところに問題があるからなんですよ。

それはズバリ「男らしくない」「女性らしくない」行いをパートナーに繰り返したからです。

どういうことか具体的に説明させていただきましょう。

とある、セックスレスに悩むある男性が、奥さんに男として見てもらうため、だらしなくなった体型を引き締めようとジム通いを始めました。

4ヶ月におよぶトレーニングの結果、ダイエットは成功。

しかし、それでもセックスレスは解消されず、むしろ奥さんはそんな彼のことを冷ややかに見ていたそうです。

なぜなのか?
ちゃうねん。そこじゃないねん。
奥さんは、あんたの優柔不断な性格、その頼りなさのせいでもう男として見られへんねん。


つまり、この男性は「決断力のなさ」のせいで、奥さんは男として見られなくなったわけです。

もう一つ実例を挙げましょう。
とあるセックスレスに悩む女性が、解消に向けて家の中でもちゃんと化粧をし、「ねえ、エッチしようよ」と勇気を出して誘ってみることにしたそうです。

しかし旦那さんは、「ごめん、今日は疲れているんだ」「仕事のことで考えないといけないことがある」と言って断り続けました。

なぜなのか?
ちゃうねん。そこじゃないねん。
旦那さんは、あんたがカチンとくるたびに、鬼のような形相でギャーギャーとわめきたてるその態度が怖すぎて、もう女として見られへんねん。


つまりこの「豹変する態度」のせいで、旦那さんは女性として見られなくなったわけです。

「どうすれば配偶者とのレス問題が解決できますか?」という問いに対し、「夫がもっとしっかりしてくれれば」「妻がもっと優しくしてくれれば」と答える人がたくさんいます。しかし根本的な原因はもっと日常にあり、あなたが意識していないところに潜んでいるのです。
25 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ