恋愛
藤本シゲユキ「一発逆転恋愛学」
24.Jun.2019

『セックスレスになるのは”会話の欠如”と”容姿の劣化”、どっちなのか』藤本シゲユキの一発逆転恋愛学【第22回】

男らしさ、女らしさの価値観は人それぞれ違う

レスになる根本的原因を探ると、「男らしくない」「女性らしくない」行いをパートナーに繰り返した結果であることが多い。しかし何に対して「らしくない」と思うのかは、完全に人によります。

マシンガントークを持ち味とする人のことを、「べらべらしゃべるのは男らしくない」と感じる女性もいれば、仕事でばりばり働いてキャリアアップを狙う人のことを、「出世コースを歩みたがるのは女性らしくない」と感じる男性もいるわけです。

「じゃあ相手に、男(女性)らしさを感じてもらうことができたら、セックスレスは解消されるのでは?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

いいところを突いています。

厳密に言うと、相手に垣間見えた「男らしさ」「女性らしさ」の裏に「ときめき」を感じることができれば、セックスレス解消の日は近いんですよ。

では次回以降、その「ときめき」を再び感じさせる方法について解説させていただきます。ではまた来週。
【藤本シゲユキ 悲恋改善アドバイザー改め、リアライフカウンセラー】京都府出身。17歳から29歳までギタリストとして、バンド漬けの日々を送るが、30歳を迎える前に以前から興味があったホスト業界に転身する。入店2ヶ月目でNo.1の座を獲得し半年後に退店、独立。その後、5年間にわたりホストクラブの経営者として奮闘するかたわら、現場で知り合った累計1,000人以上のお客様の恋愛相談をこなす。その時に培ったノウハウを更に改良し研究を重ね、現在はリアライフカウンセラーとして活動中。「日本中の女性を恋愛だけではなく人生単位で一生しあわせになれるよう導く」を天命とし、カウンセリングのみならず、書籍出版はじめ幅広く執筆。座右の名は「勤勉は幸運の母である」。

ブログ「だまされない女のつくり方」
https://damasarenaiwa.com/

【著書】
『本命になる技術』


『友達をつくるように、彼氏ができる本』

『幸福のための人間のレベル論 ―「気づいた」人から幸せになれる! 』


『本当の彼氏のつくりかた』

25 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ