恋愛
藤本シゲユキ「一発逆転恋愛学」
11.May.2020

「在宅期間こそ人間関係で大事なこと、教えてやんよ」藤本シゲユキの一発逆転恋愛学【第67回】

「人の気持ちを考える」の真の意味を理解していない人が多い

どんな感情も、相手が感じるままに受け取ること

こんにちは。リアライフカウンセラーの藤本シゲユキです。

「人の気持ちを考えよう」これは幼い頃に何度も言われたことがありますよね。人として当たり前のことかと思いますが、しかしこの言葉の意味を正しく理解できている人が、実はものすごく少ないように思います。

特に男性の方が理解していない人が多い。よって一般論として「男性=人の気持ちが考えられない」とされがちですが、実は本当の意味を理解していない女性も多いです。

今回のコラムでは、「人の気持ちを考えること」についてお話させていただきます。
まず、人の気持ちを考えるとはどういうことなのか?
これは、「相手が抱いている感情」を考えるということです。「おいおい今さら何言ってんだよ藤本、そんなの当たり前じゃないか」と思いましたよね?

じゃあわかってるんやったら、ちゃんとできてるんやんな?
知ってるつもりでできてなかったら意味ないねんで?


ってことです。

もう少し深く落とし込むと、人の気持ちを考えるとは、相手の喜怒哀楽を理解し、共有すること。つらい、悲しい、腹が立つといったネガティブな感情だけではなく、嬉しい、楽しい、大好きといったポジティブな感情も込みなんですね。
次のページ>>「理解」「共感」の前にまず相手の気持ちを考えること
41 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ