恋愛
藤本シゲユキ「一発逆転恋愛学」
04.Feb.2019

藤本シゲユキの一発逆転恋愛学「男性をステレオタイプで見てへんか?」【第2回】

「男性はこういうものである」という視点がよくない

僕自身、カウンセリングでクライアントさんの好きな異性のことを分析するときに「男性として」見るのではなく、まずは「一人の人間として」見て性格や人格を判断し、それから後付で「この人はこういう部分は男性なんだな」とか「こういう部分は肉食系なんだな」といった感じで、相手の男性の「人となり」を診断するようにしています。

あと、ろくでもない男性に引っかかってしまい振り回され続け、友人たちからも「そんな男やめとけ」と言われているのにもかかわらず、それでも「いつか私に振り向いてくれるはず」と期待が止まらない女性がよくいます。

これは相手への執着が強いことが一番の原因ではあるものの、「人間の怖さ」を知らないことも大きく関係してるんです。

どういうことかと言うと、今まで普通の人生を歩んできた女性は、無意識に「世の中にそんなに悪い人間なんていないし、自分はそういう人間に遭遇しない」という前提で人のことを見ているせいもあり、自分の好きな人がそんな悪い人間だと思いたくないんですよね。

それに、好きな男性のことを悪い人間だと認めることは、その相手を選んだ「自分の目利きを自分で否定する」ことになるので、余計に認めたくないわけです。

著書、「幸福のための人間のレベル論~気づいた人から幸せになれる!」では、人は現在の自分のいるフィールドによって幸福度が変わるということを書き記したのですが、最下層のフィールドにいる「人から奪うことしか考えていない搾取者」タイプの人間は、かならず世の中に存在します。

こういった人種と関わったことがない女性に伝えたいのは、
あんたが好きになった男性がみんな「いい人」だと勘違いしてへんか? 世の中には「人から奪うことしか考えてない」人間がいることを理解せなあかんで?

次のページ>>人は「そのときの気分」でしか行動しない  
28 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ