恋愛・人間関係
藤本シゲユキ「一発逆転人間学」

「優秀な人に劣等感を抱く“キラキラコンプレックス”の解消法、教えてやんよ」藤本シゲユキの一発逆転恋愛学【第104回】

自虐に走る人ほど、自己評価が低い

自分の魅力よりも欠点に目がいってしまっている

こういう時に自虐に走る人は自己評価が低い傾向にあります。

実際の自分よりも評価を低く設定し、自分のダメな部分にばかり注目してしまう人ですね。

たとえば、ほとんどの人から見て「可愛い」「美人」と思われる女性なのに、やたらと自信がない人っているじゃないですか。

この女性に対し友達も、「アンタ可愛いんだからさ、もっと自信持ちなよ」と言うけれど、彼女は自信を持つことができない。

なぜなら、この女性は自分の可愛さよりも、自分のダメな部分にばかり意識が向いているからです。

そのダメなこととは、「できないこと」なんですね。

自己評価が低い人は、「他の人ができるのに自分にはできないこと」にばかり意識が向いてしまいます。

逆に、嫉妬してひねくれてしまう人は、自己評価が高い傾向にあります。

これは、実際の自分よりも評価を高く設定している、自意識過剰な人が該当しますね。

その人自身に大した能力があるわけでもないのに、勤めている会社の文句ばかり言い、「自分はこんなところで終わる人間じゃない」と思い込んでいる人が分かりやすい例ではないでしょうか。
次のページ>>自分の性格を無視した努力は良くない
39 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ