withonlineロゴ
藤本シゲユキ「一発逆転恋愛学」

深刻な嫁姑問題を解決するために大事な“ある心構え”とは?【藤本シゲユキの一発逆転恋愛学 第154回】

人間関係

「毒親」という言葉が広く知られる時代に

嫁姑問題を解決する唯一の方法とは?

今も昔も変わらない夫婦間の悩みとして、嫁姑問題があります。

この問題は、夫である男性とその母親が、親離れ子離れできていないことで起こります。嫁姑問題と聞くと、奥さんである女性と義母の関係が険悪な状態をイメージする人が多いですが、現実ではそんなドラマのようなバチバチの関係はほとんどありません。

多くの場合、姑の言動や態度に奥さんが我慢してストレスを抱え、それを夫にぶつけるという構図になっています。その際、夫は何も問題解決に向けて動いてくれないのもセットです。

しかも現代では、「毒親」という言葉が登場して以来、幅広い世代にその存在が知られるようになりました。夫の親が「毒親」であることも珍しくなく、子育てから夫婦生活にまで、とにかく色々と口出しをしてくる。「とてもストレスが溜まるから、なんとか離れたいけどどうすればいい?」という悩みを抱える女性はかなり多いようです。
嫁姑問題を解決する唯一の方法は、夫である男性が全力で奥さんの味方をすることです。場合によっては、夫の両親が態度を改めるまで絶縁する覚悟も必要になります。

極端に思った方もいらっしゃるかもしれませんが、これは極端でもなんでもなく、嫁姑問題を解決するには、この方法しかないんですよね。

あまり「男性は」「女性は」とひと括りにするのは好きではありませんが、夫姑問題ってあまり聞かないじゃないですか。

なぜなら、奥さんである女性が夫を全力で味方することが多いからです。だから自分の夫が何か不愉快になるようなことを母親がしたときには、はっきりと突っぱねるんですよ。

「うちの旦那に何してくれてんの? 二度としないって約束して謝るまで連絡してこないで!」というように。

しかし多くの男性は、自分の母親を突っぱねることができません。奥さんと母親の両方にいい顔しようとするから、問題がどんどんこじれていくわけです。
次のページ>>嫁姑問題の根源は、「夫側の隠れマザコン」
 
51 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS