恋愛
5000人以上をカウンセリングした恋のプロが指南
03.Jun.2019

「結婚に向いている男性はバーにいる理由、教えてやんよ」藤本シゲユキの一発逆転恋愛学【第19回】

少し高めの値段設定のバーがいい理由

そんな一人飲みをする場所で僕がおすすめしているのが、ちょっと値段設定が高めのバー。

なぜなら、「いい男性=年収が高い」という傾向にあるのは事実だからです。

とくに自営業、フリーランス、経営者など、自分で道を切り拓いてきた人は、人生の道理をわかっていることがほとんどなので、いい男性の条件を兼ね備えている可能性が高いといっていいでしょう。

そして、そういう人たちが行くのは、落ち着いた雰囲気でちょっと敷居が高めのお店が多い。学生ノリが抜けないような大人が集まるやかましいバーにはあまり行きません。

その条件を満たしたバーに行くいい男性は、お酒を飲みながらバーテンさんや常連さんとの会話を楽しんでいることが多いのも特徴です。

彼らは同性であってもお店で話す人を増やすために、「よく来られるんですか?」という感じで声をかけてくるので、男である僕もバーで仲良くなった経験が何度かあります。
もちろん、敷居の高いバーにいる男性が全員いい人だと勘違いだけはせんといてな?

23 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ