恋愛
5000人以上をカウンセリングした恋のプロが指南
04.Mar.2019

「ろくでもない男は、はよ見切りをつけろ」藤本シゲユキの一発逆転恋愛学【第6回】

男性の人となりを誤って解釈する女性が多い

こんにちは、悲恋改善アドバイザー改めリアライフカウンセラーの藤本シゲユキです。
前回のコラムでは「選ぶべきではない男性」と「選ぶべき男性」の特徴をお伝えしました。しかし、それでも相手の男性の性格や人格を履き違えて解釈している女性がものすごく多いような気がします。それは巷にあふれる恋愛指南書や恋愛コラムが一番大きな原因だと思っています。
よくあるケース例を挙げながら解説していきますね。
「自信に満ち溢れている彼」でも実際は……
・ただビッグマウスなだけで言葉と行動がなにも伴っていない
・それほど能力や実力があるわけでもないのに言うことだけは一丁前
・自分よりできてない人のことを見つけては馬鹿にする
・声がでかくて無駄に目立つから自信家に見えるだけ
・ただのモラハラだったり、デリカシーがなく我が強いだけ


「草食系な彼」でも実際は……
・他人に興味が一切なく、心をまったく開かないだけ
・どうやって今まで生きてきたの?と思うぐらい、コミュ力がヤバい
・人を一切信用しなくて寄せ付けず闇が深いだけ
・ただの女性嫌いで異性にまったく興味も関心がない
・モテなくて女性が寄ってこないだけ


「すごく優しくて誠実な彼」でも実際は……
・ちょっと連絡が取れないとこちらの都合も考えず、心配してる風を装って何回 も連絡してくる
・自分の立ち位置を良くするために愛想よくしているだけ
・ただ、人に嫌われるのが怖くて自分を良く見せようとしているだけ
・自分の意見がなく流されやすいから、言うことを聞いてくれるだけ
・自分に自信がないから、人になにかしないと自分のことを無価値だと思っているだけ

などなど。

僕もブログの中で「ややこしすぎて あまのじゃく男の取り扱い方」と、「男心が分からない」という記事を以前にアップしたもんだから、多くの女性がただ自分の好きな男性が人としてヤバいだけなのに、その男性のことを無理やりあまのじゃくタイプに分類するという現象が起きたことがあります。
詳しくはこちらをご参照ください。

33 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ