恋愛・結婚
藤本シゲユキ「一発逆転恋愛学」

「いい恋愛をするための“信用”とは何か、教えてやんよ」藤本シゲユキの一発逆転恋愛学【第69回】

好きな男性の前で素が出せない「本命コミュ障」も信用されにくい

今も昔も素直な女性がモテるもの

他にも、好きな男性に対して思っていることが言えない、聞きたいことが聞けない、素を出すことができないという「本命コミュ障」の女性がいます。

残念ながら、こういった女性も信用されないんです。なぜなら、「何を考えてるかわからない」から信用できないんですね。

その上、恋愛本に書いてあるような「LINEの返信遅らせテクニック」や「男の頼られたい願望をくすぐるために相談してみる」といった駆け引きを使うと、余計に信用されないのは当たり前なんです。

信用されないを通り越して、恐怖や嫌悪感につながっていることも多いです。

今も昔も素直な女性がモテるというのは、何を考えているかわかりやすいし、嘘偽りがなさそうだから信用されるんです。

他にも、男性に依存しやすい女性も信用されません。自分がすべきことから逃げたいがために、男性に依存する女性もいます。

そういう女性から、「どうしても会いたいの! さみしいの!」なんてしょっちゅう言われても、「いやいや自分のことを先になんとかしろよ」ってなるのは当たり前なんですよね。

ここで、「俺も会いたいよ! さみしいよ!」と言っちゃう男性って、地に足がついてないただのバカです。

成熟している男性なら、このような女性の言動に不信感を覚えるはずです。
次のページ>>いい恋愛は、まず相手に信用されることから  
33 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ