恋愛
5000人以上をカウンセリングした恋のプロが指南
06.Nov.2019

『あなたの自信を奪うダメ男7つの条件、教えてやんよ』藤本シゲユキの一発逆転恋愛学【第41回】

自己肯定感が低く、自尊心が高い人が多い

その中でもタイプが2つある

こんにちは、悲恋改善アドバイザー改めリアライフカウンセラーの藤本シゲユキです。

前回のコラムでは、自己肯定感と自尊心の違いについてお話しました。

そのコラムの中で、「自己肯定感が低く、自尊心が高い人」は相手からの指摘に傷つきやすいと解説させていただきました。

その自己肯定感が低くて自尊心が高い人の中にも、実は2種類の人間に分かれているんです。自分がどっちなのか、理解しておくことも重要です。

1つは、職業や収入など自分を覆う鎧を持ち出してきて、それを盾に自分を認めさせようとする人です。

「こんな仕事をやってきたんだ」「こんなにモテたことがあったんの」と、盾になりえるものを次々と振りかざすのです。

本当は自分自身を肯定できていたら、いちいち鎧を持ち出してこないですからね。

2つ目は、人から傷つけられそうな場面に遭遇すると、自分のことを否定する発言を先にして自尊心を守ります。

たとえば、そういう人は「自分でも分かってんだから、それ以上突っ込むなよ?」と言わんばかりに会話の中で自己卑下するのです。

「いや、私なんて本当はもっと〇〇なんです」「みんなが思っているほどじゃないんです」と、否定される前に自分で自分の評価を下げたりするのです。

人から言われるのは嫌だけど、自分で言う分には構わないということですが、このタイプの人は、自分が認めたくないことに関する話題が出たとき、逃げるということもよくありますね。

自分の年齢を気にしているけど認めたくない女性は、年齢に関する話題が出ると、笑ってごまかしたり、その場から立ち去ったりするというように。
次のページ>>自己肯定感が低く、自尊心も低い人もいる
30 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ