恋愛
年下男子の落とし方
19.Jan.2020

島袋聖南【年下から好かれる大人女性になる4つの条件】「いつまでも“お姫様気分”はNG!」

「自分、自分」ではなく、余裕があることが第一

「好きな男性が年下」みたいな女性とお話しすると、「イタく見えないか心配」という声をちらほら聞きます。確かに見た目も行動も、年下から「イタいな」って思われるのは悲しいですし、できれば避けたいですよね。ただ、あまり見え方を気にしすぎても先に進めない……という危惧もあるので、本当にその辺りは「良いバランスで」としか言いようがありません。

ただ、私が素敵だなと思う年上の女性には、みんな「余裕」があるように思えます。

余裕ってなに? って聞かれるとひとことでは答えにくいですが、要は「私が、私が」ではなく、例えばコメントとか見え方とか、その場での役割なんかも、自分より若い子たちにさっと譲れるみたいな感じ。

そんな行動は、「自分をアピールしなきゃ!」「自分をキレイに見せなきゃ!」ってことだけを考えているうちは、なかなかできないことだと思います。自分のことだけではなく、全体を見られているからこそできる行動だし、それが「余裕」ということじゃないかな?

下の世代がたくさんいるのに、ずっと「お姫様気分」というのはやっぱり年齢を重ねるとちぐはぐな感じだし、それ以外の立ち居振る舞いができないのは、大人としてちょっとどうかなと思うところもあります。20代も後半になったら、「若くて可愛い女の子のポジション」は潔く手放して、別の役割を探すこともできる……くらいがカッコいいなと思いますね。

それから、後輩たちの相談によく応じてあげている女性は、余裕があるイメージ。

あまりにも自分のことでいっぱいいっぱいな感じの人には、なかなか相談しにくいですよね? 他人を受け入れてくれそうだったり、知識がありそうだったりするから、みんなが集まる。人のいいところを見られて親身になって話してくれる女性は、本人も満たされているというか、余裕を感じられてすごく素敵だなって思います。
次のページ>>ファッションは自分らしさも大切!?  
27 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ