恋愛
年下男子の落とし方

島袋聖南「彼からの“小言”にイラッ…険悪にならないための上手な受け止め方」【第76回】

自分らしさの範囲で“彼寄せ”にしています♡

いったんポジティブに受け入れたら、次は内容について考えます。彼の愛情だと思えば、「飲み会について小言を言う」「同僚との集まりに小言を言う」なども、「うるさいな」だけでなく、別の対応ができるようになるかもしれません。具体的には、ちょっと早めに帰るように意識したり、それができないときは、こまめに連絡を入れたりするとか。食事や飲み会の予定自体をキャンセルしなくても、「あなたの気持ちはわかってるよ、言われたから気をつけてるよ」って言うアピールはできるんじゃないかなと思います。

髪型やメイクについては……う~ん、これは私の場合ですが、基本的に「彼に可愛いって思われたい!」という気持ちが大きいから、彼が「こうしたほうがいいよ」ってことは……そっちに寄せたほうが可愛いと思ってくれるなら、そっちに寄せています!(笑)でももちろん、私のテリトリーというものもありますから、その範囲内で、ですよ。あまりに彼に染まりすぎても、周囲も「どうした?」ってなりますし。自分らしさの範囲で、“彼寄せ”にする努力をします(笑)。これは、そうすることが自分にとって楽しいからですよ。彼の好みがあまりに偏っていたり、彼女さんとかけ離れているようなら、無理することはないと思います。

言い方が嫌だったことはきちんと伝える

ただ、同じ内容を伝えるにしても、言い方がきつかったり(「そのメイクはブスに見える」「全然可愛くない」とか)、感情ばかりが先に出ているような場合(不愉快な態度をとったり、「オレのこと好きじゃないんだ」と言ってきたりとか)は、「気持ちはわかったけど、その言い方はないよね」って伝えていいと思います。

ちゃんと彼女のことを考えている人なら、向こうも少しハッとして、次回から伝え方を見直してくれることもあると思います。しかも、「それはごめんね」って素直に言ってくれる彼なら、絶対いい人!(笑) お互いに良い影響を与えあって、この先も良いお付き合いができる相手だと思います。

“小言”もうまく取り入れて、楽しいお付き合いを続けてください。

それでは今日はこの辺で。またお会いしましょう。

聖南
島袋聖南(しまぶくろ・せいな)
1987年4月4日沖縄県生まれ。モデルとして幅広く活躍しながら、ヨガインストラクターとしても活動中。2012年にリアリティバラエティ番組『テラスハウス』に出演し、以降4度の入居を果たす。現在は番組で交際スタートしたノアさん(22歳)と同棲中。

【SNS】
●公式Instagram:@seina4444
●公式Twitter:@TERASEINA
取材・文/小川聖子
 
18 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ