恋愛
年下男子の落とし方

島袋聖南「“普通”でいいのに出会いがない問題。それ、本当に“高望み”していない?」【第85回】

自分より仕事ができる人がいい! それだけなのになかなか出会いが…

こんにちは。島袋聖南です。今回も、皆さんから寄せられたお悩みを考えていきたいと思っています。お悩みはこちらです。

「現在、30歳を超えたところですが、いまだに『いい!』と思える人に出会えません。必須条件は、自分より仕事ができる人。顔やルックスにそんなにこだわりはないのですが、それでもなかなかこれはという相手に出会えません。たまに『この人なら』と思って付き合ったりもしたのですが、その人は妻帯者でした。いつかは結婚もしたいと思っているのですが、この調子だと難しいのではと不安です。何かいいアドバイスをいただけたらと思います」

というお悩みでした。「こだわりはない」とか、「高望みはしていないけど、いい相手に出会えない」って、すごくよく聞きますよね。さっそく考えてみたいと思います。

そもそもなぜ「仕事ができる人」がいいの? その理由を深く考えてみて

相談者さんの理想は、「仕事ができる人」ということですが、現在までのところ、あまりピンとくる方はいらっしゃらなかったとか。そんなときは、もう一度求めている男性像を細かく考えて、イメージを明確にする作業をしてみるといいかもしれません。一口に「仕事ができる」と言っても、いろいろな人がいますよね。細かなところはわかりませんが、なんとなく相談者さんは、お付き合いする相手の条件として、

・尊敬できる相手であってほしい
・社会的に認められている人であってほしい
・合理的、効率的にものごとを進められる人がいい

といったようなことを求めているのではないでしょうか。では、どうして相談者さんはお付き合いする男性に、上記のような条件を求めるのでしょうか。

今は、「自分が自立していれば、相手はある程度どんな人でもいい」みたいなことを考える私ですが、10代の終わりから20代の前半の頃は、恋愛や恋人に対して、今とは違う思いを持っていたような気がします。一言で言えば、

「守ってほしい」

みたいなこと。自分が知らないことを知っている大人の男性や、お金を稼ぐ能力が高い人……そういう人を「いいな」とか「かっこいいな」と思っていた気がします。今思えば、自分に自信が足りないから、そういう相手と付き合うことで、自信を満たしたい、自分をよく見せたい、という気持ちがあったんだと思う。 ただ、そこを条件にして出会いを求めていくと、ろくでもない人も多かったり……(笑)! 結局そういう方とは、私は合わないなと悟りましたね。
次のページ>>誰かとお付き合いしたいなら少し考え方を変えるべきかも  
21 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ