恋愛
年下男子の落とし方
02.Aug.2020

島袋聖南「カップルはすべてを共有しなくてもいい! 彼の趣味にどこまで付き合うか問題」【第58回】

彼の趣味にはどこまで付き合うべき?

こんにちは、島袋聖南です。今回も私に寄せられたお悩みにお答えしていきますね! 今回寄せられたのは、

「彼が自分の趣味を強くすすめてきます。付き合い始めの頃は多少興味があるフリをしていましたが、正直言ってあまり興味のないジャンルです。上手な断り方はあるでしょうか……」

というものです。

これはね~ありますよね。あります、あります!(笑)

私が今お付き合いしているノアさんも、車関係の趣味があって、私にもよくすすめてきます。でも、私は全然興味がなくて(笑)。それでもやっぱり人には聞いてもらいたいみたいで、よく「3分だけ聞いて! いや、1分だけ聞いて!」とお願いされますね(笑)。それくらいなら私は全然大丈夫なので、なるべく彼の話は聞くようにしています。

でも、頻度や割合によってはちょっと困ってしまうこともありますよね。今回はそんなことを考えてみたいと思います。

消極的な態度を示して「察して」もらう!

お付き合いしたての頃は、お互いまだ緊張感もありますから、あまり興味がないジャンルの話でも、きちんと聞くことができるように思います。でも、お付き合いが落ち着いてくると、どうしても「この話はちょっと退屈だな」と思う瞬間が増えてしまいますね。それでも、話を聞くくらいならなんとかできるかもしれません。ただ、人によっては

「これは絶対読んでおいて!」

「これは絶対に観るべき!」

と「課題」として渡してくる場合があります。

こうなってきちゃうとちょっとしんどい(笑)。もちろん、自分の生活や時間に余裕があれば、彼も喜ぶからトライしたいとは思いますが、「ちょっと厳しいな~」というときもあると思います。そういう場合はもう、何かしら理由をつけて断っていいと思います!

「超疲れてた!」

「忙しすぎた~」

「やることがあって……」

みたいな感じでそれとなく拒否することで、「察して」もらう!!

中にはなかなか伝わらない場合もありますが、その場合はある程度、はっきり伝えてしまっても良いかもしれません。というのも、やっぱりどちらかがあまり無理をする恋愛は、長続きしないと思うから。私はもう割と露骨に、「へー」「ふーん」って生返事で返してしまいます(笑)。そうじゃないと、「嫌がってない」と思われてどんどん話を振られちゃう! もちろん、伝え方は人それぞれに方法があると思いますが、基本的にはもう、友達に対応するのと同じように「普通」でいいのではないでしょうか。
次のページ>>彼きっかけで始めた趣味が意外とハマる場合もある
20 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ