恋愛・結婚
年下男子の落とし方

島袋聖南「今の彼との“ジェネレーションギャップ”は気にならない!」年齢差がある彼との付き合い方【第75回】

気になる彼は年下! 不意にやってくる“ジェネレーションギャップ”がツライ

こんにちは、島袋聖南です。今回もwith online読者の皆さんからいただいたお悩みについて考えていきたいと思います。今回は、年下の男性に惹かれているという女性のお悩みです。

「最近知り合っていい感じの人がいますが、相手は年下! 今まで同い年としか付き合ったことがないので、彼と接していてたまにやってくるジェネレーションギャップに戸惑っています……。流行などはチェックしていますが、会話中に飛び出す若者言葉には正直ついていけません! 聖南さんは年下彼氏のノアさんとのジェネレーションギャップに悩んだことはありますか?」

という内容です。久々の年下男子話、ですね!(笑) 確かにずっと同世代ばかりとお付き合いしていたら、急に年下男子が気になったとき、どうしていいかわからなくなりそう。でも、私がノアさんとのジェネレーションギャップに悩んだことは……ないかな? お役に立つかわかりませんが、私たちのケースも考えながら、今回はこちらの問題について考えてみたいと思います。

無理に合わせようとせず、もはや開き直っています(笑)

私とノアさんの年齢もやや離れていますから、正直噛み合わない話題はいろいろありますよ! ノアさんが「今、TikTokでこういうのが流行ってて……」なんて言ってきて画面を見せられても、もちろん私は知らないし(笑)。でも、なんでしょう、私はもう開き直っているといいますか、こっちが知らないのは当たり前って前提だから、それを隠そうともしていないですね。

そもそも「知らない」って悪いことじゃないし、彼が教えてくれて面白かったら、それは「教えてくれてありがとう」っていう感じでいいんじゃないですか? TikTokの流行のことも、「へー、そうなんだ! これ面白いね、今度二人でやってみたいね」って言ってます。 

若者言葉についていけない時なんて、しょっちゅうありますよ!(笑) 「なるほど、そうやって言うんだ、カッコいい!」と思って、ちょっと真似してみるんだけど、微妙にニュアンスが違ったりして(笑)。恥ずかしいこともありますが、でももはやそんなことはあまり気にしていません。
次のページ>>そもそも合わないのが当たり前! 年上はどっしり構えていていいんじゃない?  
18 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ