恋愛
年下男子の落とし方

【島袋聖南&石倉ノア、祝・結婚!】「聖南のおかげで変わることができた」二人が結婚を決めた理由とは?【記念インタビュー前編】

2月3日に結婚を発表した島袋聖南さん、石倉ノアさん。with onlineではお二人の結婚を祝して、スペシャル対談を実施! 結婚に至るまでと現在の生活、今後の夢などたっぷり伺いました。 結婚のタイミングに悩んでいる人や、婚活中の方も必見です!

「こんなに若いのに、きちんと将来を考えてくれていてびっくりしちゃった!」(聖南さん)

「いつも支えてくれる聖南の気持ちに応えたいって思ったら、“結婚”が浮かびました」(ノアさん)

pattern_1
――ご結婚、おめでとうございます! お二人の出会いはリアリティ番組『テラスハウス』。ノアさんは聖南さんより10歳以上年下ということで、放送当時は“年の差カップル”としても話題になりましたね。番組を卒業してから2年以上が過ぎたこの春、晴れて入籍を発表されましたが、そもそもお二人が「結婚」を意識したタイミングはいつだったのでしょう?

島袋聖南さん(以下、聖南) そうですね。私はもともと、「お付き合いする人との延長線上には結婚がある」と思っていたので、ノアともずっと一緒にいるならいつかは……と漠然とは思っていました。でも、1年くらい前のある日、ノアが突然、「結婚ってどう思う?」って聞いてきて。

石倉ノアさん(以下、ノア) 言ったね~!(笑)

聖南 突然だったので、私は結構びっくりして。「え、誰の話?」みたいな(笑)。でも、ノアは「自分は(私との結婚を)考えているんだけど、聖南はどう思ってるの?」ってストレートに聞いてきてくれて。それから私も、具体的に「結婚」を意識するようになりましたね。まぁ、やっぱり期待しちゃいますよね(笑)。

ノア あまりに突然聞いたから驚かせちゃったかもしれないけど、僕の場合、「自分は結婚したいけど、聖南はどう思ってるんだろう?」って考えた時に、同世代で同じようなこと考えている人が全然いなくて! 相談する人もいないから、そのまま本人に「どう思う?」って聞いちゃったんだよね(笑)。

聖南 そうだよね(笑)。私はノアの話を聞いて、こんなに若いのに、将来のことをきちんと考えてくれているんだってドキッとしました。

ノア 僕が「結婚」を意識したのも早かったと思います。ただ、付き合って1年くらいは、自分自身の仕事が安定しなくて、経済的にまだ支えられる自信がなかった。当時は、5、6畳くらいのワンルームの部屋に住んでいて、部屋は狭いし、ベッドもシングルベッドだし、聖南が来てくれてもあまり快適に過ごせる部屋じゃないというか……。でも、聖南はそんなことも気にせず、週5とかで通って来て、いろいろ世話を焼いてくれて。その時に、「あ、この人は、お金とか年齢で見る人じゃないんだ」って。肩書きや、経済力に関係なく、自分のことを応援してくれるし、支えてくれるんだっていう安心感を抱きました。そんな時間を重ねるうち、自然と「結婚」も意識していったというか。聖南に支えてもらって、自分もその気持ちに応えたいって思った時に、その最終地点が「結婚」だった感じですね。
次のページ>>「真面目で誠実な人だから、支えていれば、きっと輝いていくはず。“先行投資”かもしれませんね(笑)」(聖南さん)  
33 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ