恋愛
年下男子の落とし方
23.Feb.2020

島袋聖南【ダメ男の見分け方】「○○を頻繁に使う男子には要注意!?」【第36回】

○○を頻繁に使う男子には要注意!?

こんにちは、島袋聖南です。男女の仲を深めるのに、「言葉」はとても大切なツール。毎日の会話やメッセージのやりとりで無意識に選んでいる言葉にも、お互いの情報がたくさん詰まっています。それなら、ダメな男性を見分けたり、素敵な男性を見つけるためにも、「言葉」は役立つのでは? そこで今回は、私の経験上にはなりますが、「こんな言葉を頻繁に使う男性は、私は苦手かも?」という例をちょっとお話ししようかと思います。

1.「~してあげる」

何かするときに、すぐ「~してあげるね」って、「あげる」がつく男性。別に気にならない人はいいと思うのですが、私はちょっとその「特別にやりましたよ感」を出して来る感じがちょっと気になっちゃう。

「~するね」

あるいは

「~したよ」

でよくないですか?(笑)

何でしょうね。褒めてもらいたのでしょうか……。そういう言葉を使う男性は、「自分が何かすること=すごく価値あること」と思っていて、こちらにすごく感謝を求めて来るタイプなのかな~、と私は少し警戒してしまいますね。ちょっと、そういう人は面倒くさそうじゃないですか(苦笑)。それに何かしてもらって、ずっと恩着せがましくされるのもイヤになっちゃいそう!

たまにならいいんですよ! でもいつもそんな感じだったら、私は疲れちゃうかも。だから私もなるべく、「~してあげる」という言い方はしないように気をつけています。

2.「おまえ」呼び

たいして親しくもないのに、いや私の場合、たとえ親しくても「おまえ」って呼んで来る男性は苦手ですね。どうしても自分が上に立ちたいのか、あるいは男らしく見せたいのかわかりませんが、私はいい気持ちはしないです。「おまえ」って呼ばれるのが好きな女性もいるかもしれませんが……まぁそこは人それぞれですからね。でも私は、「おまえ」って呼んでくる男性は洗練されていない感じを受けます。

3. 命令口調

なんかね、強いもの言いが苦手なのかもしれません。自分に対して言われたんじゃなくても、「~しろよ!」「やっとけよ!」とか、他の人が強く言われているのを見ると、やだなって思っちゃう。こういう言い方をしている男性がもし自分に対して優しくても、「ホント!?」って疑っちゃう……。

それから、「~じゃねぇし!」を連発する男性も、引いちゃいますね(笑)。まぁふざけて自分も言っちゃうんですけど、頻度の問題かな(笑)。毎回だとちょっと、難しいかもしれません。
次のページ>>言葉遣いってやっぱりセンス!  
28 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ