編集部|恋愛・結婚

太田光代「年下は考えていなかったし、 本当は専業主婦になりたかった」それでも結婚した意外すぎるきっかけ

タイタン代表取締役社長 太田光代さん 強い絆で結ばれた「できる妻」の30年目の結婚観

「結婚」が、万人にとって幸せではなくなってきた今の時代。従来の法律婚だけにとらわれない、さまざまな家族の形も存在するようになってきました。

それでもなお、なぜ私たちは「結婚」という言葉を意識してしまうのでしょうか。周囲の目が気になるから? 愛を形として残したいから? それとも、孤独だから? 1人1人が自由に生きられる時代に、他の誰かと生きる理由ってなんだろう。

今回お話を伺ったのは、タイタン代表取締役社長の太田光代さん。最初は好きでも嫌いでもなかった太田光さんとの結婚を後押しした意外なきっかけとは? そして太田光代さんが考える結婚とは―—?

居つかれてしまっただけ、最初は好きでも嫌いでもなかった

世間からどう見られているかは分かりませんが、今現在、私たちの結婚生活は、決してラブラブではないです。たしかに、昔、太田に仕事がない時期はラブラブだったかもしれません。

30年ぐらい前、爆笑問題には、全く売れない時代があって……。芸人って、売れない時期は、アルバイトで生活費を稼ぐのが普通なのに、彼は接客も計算もできない。外での仕事には不適合な人なので、それを見かねて、「もういい。私が働くから」と。

そういう不遇な時期を支えたイメージがあるから、おしどり夫婦みたいに思われているのかもしれません。今は、どちらかというと“ビジネスパートナー”って感じ。いつ離婚してもいいんですけど、離婚の手続きをするのも、財産分与をするのも、全て私だと考えると割に合わないからしないだけで……(苦笑)。
太田と付き合うことになったきっかけは、向こうに勝手に居つかれちゃったからなんですよ。当時、彼と私は同じ芸能プロダクションに所属していて、合同コントの打ち合わせのためにみんながウチに集まった。打ち合わせが終わって、田中やそのほかのメンバーは帰って行ったんですが、太田だけ帰らなかったんです。

当時は、私の方が忙しくて、「なんでいるんだろう?」って思いながら出かけて、帰ってもずっとテレビゲームか何かに夢中になってる。居座られて3~4日目になると、判断力がなくなって、私も「(性的な)目的を果たせれば帰るのかな?」と思って、減るもんじゃないし、一回ぐらいいいかと(笑)。たまたま、そのときは7年付き合った彼と別れてフリーだったので。ズルズルとそういう関係になってしまったんです。
pattern_1
モデル時代 高校卒業後、モデルとして活動を始める。雑誌モデルほか、モーターショーに出演したりもした。当時は水着モデルは23歳までという暗黙のルールがあり、ミスコンでモノマネを披露したことがきっかけでタレントに転身。
次のページ>>年下は、絶対嫌だった  
42 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ