恋愛
辻希美の「大好きな人と結婚しよう」
06.Feb.2020

辻ちゃんの“大好きな人と結婚しよう”『後悔しない結婚式を挙げよう!』【第15回】

ウェディングドレスはやっぱり特別♡

とはいえ当時はまだ19歳というのもあり、ロングドレスの素敵さがわからなくて、「長いドレスはちょっと……」と抵抗があったんです。ずーっとコンサートとかで、ミニスカートのドレスで歌っていたからかもしれません。当時は仕事をお休みしていたので、「久しぶりのドレス!」とうきうきしていました。

でも「結婚式」自体はスカートの丈は長いほうがいいらしい、ということで、式は長いドレスで挙げて、披露宴は膝上のミニスカートのドレスにしました。スカートをフワフワにして、当時好きだったリボンをあちこちにつけてもらって、自分好みにデザイン。今でも大切にしまってあります。

「仕事でウェディングドレスを着ると、結婚が遅れる」というジンクスがあるのを知っていますか? 私はずっと「本当に遅くなるんじゃないか」って本気で恐れていて、撮影で着る機会があっても、絶対に回避してきました。本当の結婚式で、自分だけのウェディングドレスを着たかったんです!

そして迎えた当日。お仕事でいろいろな衣装を着せてもらいましたが、結婚式のドレスはやっぱり特別。「これから、本当に花嫁になるんだ。結婚するんだ」って、身が引き締まるような思いでした。袖を通してみたら、いい意味で緊張感と、気持ちが落ち着くのを感じたんです。旦那さんは、ドレスを作っている最中からずっと見ていたから、イマイチそこまで反応はなかったかもしれません。
次のページ>>笑いあり、涙ありの結婚式
28 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ