恋愛
ウエディングニュース
20.May.2020

【十人十色の幸せのカタチ・週末婚】安心して仕事や、やりたいことにチャレンジできる《2020婚のガイドライン》

自分らしい生き方について考えたとき、「大切にしたいものは何か」という価値観は人それぞれ。結婚とひとくちにいっても出会い方やライフスタイルも異なれば、当然ながら結婚しない選択もできます。それぞれが選んだ幸せのかたちについてお話を伺いました。
今回は、家族のためにも自分軸を大切にしたいという『週末婚』のおふたりの幸せのカタチに迫ります。

週末婚「家族のために何かをあきらめるのではなく家族のためにも自分軸を大切にしたいと思った」

メリット
小さな不満を感じても距離を置いてクールダウンできるので、会えるうれしさが勝る

デメリット
災害が起きたり、急病にかかったりしたときに一緒にいられない可能性がある
pattern_1

奈良美緒さん(31) 奈良大輔さん(34)

10年前にコーチングスクールで知り合い、6年の月日を経て、美緒さんがUターン転職するタイミングで再会。それから3週間で遠距離交際がスタートし、毎週末に東京と山梨間を行き来するように。
東京と山梨でそれぞれがゲストハウス運営をしているおふたりの関係は、自分のやりたいことを達成するための「チーム」。お互いの企画するイベントを手伝ったり、ホームパーティーを企画したりと接点を持ちつつも、各自やりたいことに邁進できるようです。
「僕は、結婚した後もやりたい仕事がある、バリバリ働く女性をサポートしたいと思っていたので、美緒ちゃんは理想的な女性でした」(大輔さん)
「恋愛に疲れていたので、次に付き合う人とは結婚したいと思っていたタイミングで再会したのが旦那でした。自分の至らないところを含めて100%受け止めてくれる人がいるからこそ、安心して仕事ややりたいことにチャレンジできています」(美緒さん)

\東京⇔山梨/

ある日の週末スケジュール

金曜日・〈大輔さんが美緒さんの家へ〉
20:00 仕事が終わり次第、バスで山梨へ(片道2時間、約¥2000)

土曜日・〈共通の趣味を楽しむ日〉
日中はイベントや気になるお店に一緒に出かけたり、自宅でホームパーティーやイベントを企画することもあります。
・08:00 起床・家でゆっくり過ごす
・11:00 外出、混雑を避けるために早めにランチ
・13:00 気になるお店めぐりやイベント参加
・18:00 早めに夕食
・21:00 帰宅、家でゆっくり過ごす

日曜日・〈明日からの仕事にそなえて東京へ〉
日曜もなるべくふたりの時間を大切に
・18:00 バスで東京へ

\そのほかの『十人十色の幸せのカタチ』はコチラ/

イラスト/murayoko 取材・文/佐々木ののか 構成/森谷香菜
●再構成with online編集部  ●商品情報はwith2020年6月号発売時点のものです。
 
15 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ