恋愛
プレ花&卒花のリアルリポート
21.Apr.2018

多忙な人ほど海外リゾート婚がおすすめ!?【with girls湯浅菜穂の結婚式までに密着♡第3回】

with girlsTOP12として活躍中の湯浅菜穂さんの「海外リゾート挙式まで」に密着♡ 今年の秋にハワイでの挙式を控える湯浅さんの、結婚式までのリアルな道のりを隅から隅までレポートします!連載第3回目は、「どうして海外リゾート婚?」「準備はいつから始めるの?」などなど、気になるところを聞いちゃいます!

意外にも打ち合わせ回数が少なくて済む”海外リゾート婚”

「彼の地元が山形、学生時代は石川、社会人時代は東京とそれぞれ違う土地で過ごしたため、それぞれの友人に調度良い場所を探すのが大変なことが発覚。多くの方に遠方から来てもらうのも、なんか申し訳なく思ってしまい…。思い切って、親族と少人数の友人だけで海外挙式にすることに決めました。共働き&彼が忙しく時間が取れないこともあり、打ち合わせ回数が少ないのも選んだポイントです!」

海が綺麗な「コオリナ地区」の式場に決定!

「ハワイは二人で何回も行った旅行地で、彼がプレプロポーズ(第1回参照)をしてくれた思い出の地。特に式を挙げるコオリナ地区は、海も砂浜もすごく綺麗で、彼も私も大好きな場所でした。プランナーさんと式場をいくつか見ていた時、コオリナ地区で今秋リニューアルオープン、綺麗な海と砂浜を独り占めできるプライベートビーチがあると聞き、迷わず決定しました」
pattern_1

新しい施設は土地感だけでも確認しとくと◎

「旅行を兼ねて、会場の下見にハワイへ!でも、実際はまだ施工中でチャペルの見学はできず…。かねてから好きなコオリナ地区を信じて、下見は断念しましたが、まだ見ぬ地で挙げるなら、その土地の雰囲気やアクセスなど、事前に式をイメージできるように見ておくのは大切かもしれませんね」
pattern_1
pattern_1
写真は以前行ったときのコオリナビーチでの写真。海・砂浜・空が綺麗で、観光客も少なく落ちついた時間がながれているので旅行にもおすすめです。

準備は3ヶ月前からでもOKな海外挙式

「同時期に海外挙式をする友人が準備を始める姿を見て、私たちも慌てて始めましたが、実際は3ヶ月前でも大丈夫なのだとか。特に少人数で行う海外挙式は決めることも少なく、ロケーションさえ抑えられれば、あとは直前に打ち合わせをすればOK。お仕事が忙しい人には、ハネムーンを兼ねることもできるから、海外挙式の方が合っているかもしれませんね」

次回は、「プランナーさんとの打ち合わせ」に密着

次回は海外リゾート婚での打ち合わせに密着。回数は少ないといっても、しょっちゅう式場に行けない分、日本での打ち合わせが重要に。「どんなことを決めるの?」「国内婚との違いは?」など気になるところを聞いちゃいます!
16 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ