withonlineロゴ
  • 共働きwith
  • マネー
  • 住宅ローンの借り換えとは?メリットやデメリット・注意点を解説
編集部|マネー

住宅ローンの借り換えとは?メリットやデメリット・注意点を解説

マネー
低金利な時代が続く中、すでに住宅ローンを保有している人なら1度は「今、借り換えしたほうがお得になるのでは?」と考えたことがあるのではないでしょうか?
ただし、実際には事前にチェックしておきたいことや知っておくべきことが多く、うっかり何も知らずに手続きを進めてしまうと残念な結果になることも……。
そこで今回は、「金利」以外に見ておかなければいけない、住宅ローン借り換えのメリット・デメリット・失敗パターン・注意点までをまとめて一挙にご紹介していきます!

そもそも、「住宅ローンの借り換え」とは?

住宅ローンの借り換えとは、住宅ローンを借りる金融機関を乗り換えることです。手続きとしては、まず新たな金融機関から融資を受け、今借りている金融機関の住宅ローンを一括返済することをいいます。
金利の高いローンから低いローンへ借り換えることができれば、毎月の返済額や総残高が減る可能性があるんですよ!
 

住宅ローンを借り換える理由やきっかけ

私はかつて住宅ローンを扱う金融機関で働いており、さまざまな理由で住宅ローンの借り換えを申し込む人の事を聞くことができました。
例えば、下のような理由が多かったですね。

・金利情勢の変化
・金融機関独自のキャンペーン
・固定金利の特約期間終了が近い
・ライフプランの見直しを機に


やはり一番多かったのは、「金利情勢の変化」です。近年では、2016年にマイナス金利政策が導入されて、各金融機関がこぞって独自の低金利プランを打ち出しました。そこから2022年7月現在まで、日本の住宅ローンは低金利水準で来ていますから、この6、7年ほどは特に住宅ローンの借り換えを検討・実行する人が多かったのではないでしょうか?

金利はどれくらい下がっている?

pattern_1
10年もの国債利回とは、住宅ローン金利に影響を与える長期金利の代表です。財務省が公表している「過去の金利情報」によると、上のように変化しています。
マイナス金利がスタートした2016年頃から利回りが急に下がっていることがわかりますね。
  次のページ>>住宅ローン借り換えのメリットは?
62 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS

  • 共働きwith
  • マネー
  • 住宅ローンの借り換えとは?メリットやデメリット・注意点を解説