編集部|マネー

お金のプロに聞いた!大切なお金を失わないために初心者が投資を始める前に知っておくべきこと

漠然としたお金に対する不安を抱えている人にぴったりの一冊

ゼロ金利政策で銀行にお金を預けていても一向に増えないのに、給料は増える気配なし。そのうえ、老後資金も2000万円足りなくなるらしい……。そんな話を聞いて、お金に関する漠然とした不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。その解決策として最近よく耳にするのが資産運用です。

資産運用をする重要性はなんとなく理解しているけれど、何から始めていいのかわからないし、失敗してお金を失うのが怖いから一歩踏み出せない。そんな人におすすめしたいのが、マネーコンサルタントとして活躍する頼藤太希さんと、ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんの共著『お金がどんどん増える!あなたにぴったりの投資法が見つかる!マンガと図解 はじめての資産運用』(宝島社)です。

投資初心者でもうまくいく、「長期投資・積立・分散投資」の極意をわかりやすく解説した本著から、一部を抜粋してマンガや図解とともにご紹介します。初回は、投資を始める前に知っておくべき心構えについてです。

リスクを減らすために「分散投資」をする

トータルで収益が高い投資方法

投資をする際にとても重要なのは、いろいろな種類の金融商品に資産を分ける「分散投資」を心がけることです。

特に、投資先を、値動きの異なるさまざまな金融商品に分けることで、どれかが損失を出しても、ほかの金融商品で利益を出し、損失をカバーできます。

積極的にリターンを狙っていきたい場合でも、1つの商品だけを買うのではなく、いくつかの商品を買って資産を分配しましょう。
pattern_1

株と債券で分散する

一般的に、株と債券の値動きは反対の動きをする傾向にあります。2020年初旬には、新型コロナの流行によって世界中の経済が打撃を受け、国内・国外ともに株価が大幅に下落しました。一方で、米国債の価格は上昇しています。このように、一方が下落しても、他方が上昇して損失をカバーしてくれるように投資するとよいでしょう。
pattern_1
次のページ>>投資する目的を明確化することも大事!  
47 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ