マネー
青木源太の「投資について、ちょっと語らせてください!」

利益だけじゃない! 投資を始めることで得られる“副産物”って?

投資を始めると得られる“副産物”って?

皆さん、こんにちは。青木源太です。

投資をする最大の目的は、資産を増やすことだと思います。自らが人的資本として働く日々の本業の仕事とは別に、自分の金融資本に働いてもらい利益を得ることです。そして金融資本に働いてもらい利益を受け取るためには、キャピタルゲインとインカムゲインがあることを前回までにご説明しました。

今回はまた別の角度から見たときの、投資の意義についてお話します。それは「社会の仕組みが見えてくること」です。最大の目的である利益を得ることとは視点が違いますが、投資を始めると確実に得ることができる、言わば副産物のようなものです。
ときに、経済においてお金は「血液」に例えられます。社会全体を「身体」として考え、お金は「血液」、そしてそれを送り出す銀行は「心臓」とするのです。血液たるお金の流れが止まってしまうと、経済活動全体がストップしてしまいます。流れが早すぎてもいけませんし、滞ってしまってもいけません。効率良く循環していくことが求められます。

投資を始めると、自らの資産がこの大きな流れの中に投入されます。たとえその額が社会全体には大きな影響を与えない微々たるものであっても、人間は自分の投じた資金の行く末は気になるもの。その企業の動向や変化に目を向けるようになります。そして、その企業や業界の流れが掴めるようになってくると、徐々に社会の流れにも目が向くようになり、やがて全体の仕組みが見えてくるというわけです。
次のページ>>仕組みがわかる=物事を楽しむコツである
28 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ