編集部|マネー

40代・おひとりさま女性「病気が心配な私は今後、どうしたらいい?」【お金のプロに聞いた】

pattern_1
<このままだと…>
おひとりさまが賃貸住宅に住み続ける場合、心配なのはシニアになってから。一般的に高齢者の一人暮らしは、経済面、 健康面のリスクから大家さんから入居を敬遠されやすいのが 現状。特に定年後は住まいが見つかりにくい可能性も……。

⇓⇓⇓

<何をする?>
家の購入の前に、まずは年収と貯蓄のアップを考えましょう。管理職を目指す、転職をするなど方法はいろいろ。
また家を買う場合は、
①フルローンで買わない
②20年後に確実に売れる物件にする

という2点を条件にしましょう。

家を買う前に考えたい自身の年収アップの道

まずは収入アップを狙ってしっかり貯蓄額を増やしていく努力を

家を買うことは、安心にもつながりますが、小さなマンションでも都市部では3000万円くらいはします。
40代のおひとりさまが家を買うなら、フルローンで買うのは危険です。例えば3000万円の物件の場合、頭金は800万円くらい用意して、返済額に負担感が出ないようにしましょう。

実家など定年後に帰る家があるのなら、20年後に売れる可能性の高い家を買うことも大事です。行き当たりばったりでの住宅購入は失敗につながるので、物件選びはくれぐれも慎重にすることをおすすめします。①フルローンで買わない、②20年後売却できる物件を選ぶ、この二点の条件をクリアすれば、家の購入も前向きに考えてもよいと思います。
家の購入を検討する一方、ご自身の収入をアップさせることにも目を向けてみましょう。資格を取って職能給を上げる、管理職を目指す、専門スキルを磨いて転職するなど、現在の収入から少しでも収入増を目指し、定年までにしっかり貯蓄額を増やしておくことをおすすめします。
次のページ>>D子さんの「やるべし」3ヵ条は?  
30 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ