編集部|マネー

仕事、住まい、お金…40代のうちにやっておきたい「5つのこと」

今はどの年代であっても、自分の生き方や将来に不安を感じたことがある女性は少なくないはず。どういう生き方をするとしても、重要となるのは「お金」です。貯金はいくらあれば良いのか、どうすればお金を増やせるのか…気になることはたくさん!

今回は、「読むだけで自分が今やることが分かる!」と話題の書籍『私がお金で困らないためには今から何をすればいいですか?』から、悩める女性たちに役立つ「お金」のノウハウをお届けします。
40代、50代、60代、これからの人生でどのような「心づもり」が必要なのか、考えてみてはいかがでしょうか?

【40代の過ごし方】キャリアやスキルを磨く努力と老後資金を貯め始めるフル回転の時期

pattern_1
家計を整えて無駄の見直しを
少しでも貯蓄を増やす習慣を身につける


社会に出て20年以上がたつと、このまま、今の会社にいてもいいのだろうか。定年までこのまま同じ仕事を続けるのだろうかなど、キャリアについて悩む時期が来ます。特に独身の場合、自身の日々の生活を支える収入を得るだけでなく、60歳以降の生活費を、どうまかなっていくかも考えなければなりません。

20代、30代で積み上げてきた自分の“できること”を一度棚卸しして、転職をするなどキャリアアップをするのか、まったく違う分野へのキャリアチェンジをするのか、体力、気力もある40代が決断する最後のタイミングともいえます。特に派遣社員や契約社員という立場の場合、正社員を目指すことを本気で考える必要があるでしょう。

60歳以降のマネープランについては、40代で考えないと手遅れになる可能性も。40代で貯金がない、ほとんどないという人は要注意です。老後の生活を意識して、少しずつでも貯蓄額を増やしていくことが必要です。
次のページ>>40代は生活費と住まいについてプランを考えておくべし!  
30 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ