マネー
マネートピックス
12.Nov.2016

「ふるさと納税」に関するギモンをすべて解決! おトクな活用法とは?

最近よく耳にする、「ふるさと納税」。「ふるさと納税」って何がおトクなの? ファイナンシャルプランナーの丸山晴美さんに申し込み方法から上手な活用方法まで、丁寧に解説します!

Q.自分の出身地に「納税」するの?
A.出身地以外でもOK

正確には「納税」ではなく、自治体への「寄附」で、その金額に応じて税金が戻ってくる仕組み。自分の「ふるさと」以外でもOKです。「ふるさと納税が人気を集めるのは、少ない負担で、自治体からお礼の品として特産品などがもらえるから。ただ、東北や熊本など被災地への純粋な寄附として、返礼品なしでふるさと納税をする人も多いようです」


Q.寄附したんぶんだけ税金が安くなるの?
A.上限があります!

寄附した金額から、年間2000円の自己負担分を除いた全額が税金から控除されます。「つまり、実質2000円で、魅力的な返礼品をもらえるということになります。寄附なのでいくら行ってもいいのですが、自己負担が2000円に収まるようにするには、1年間の寄附金額の上限が決まっていて、それは年収や家族構成などで異なります」

目安はこちらをチェック!
“"



Q.どうやって寄附するの?
A.ネットで通販感覚で申し込める!

“"
まずは「ふるさとチョイス」などのポータルサイトをチェックして。「寄附する自治体とお礼の品を選択し、申し込んで寄附金を支払います。最近は銀行振込だけでなく、クレジットカード払いやコンビニ決済ができる自治体も増えて、ますます便利に。また、1年間で5つ以内の自治体への寄附なら、寄附ごとに申請書を自治体に提出することにより、確定申告が不要になりました」


Q.どんなものが選べるの?
A.地域の特産品から家電、旅行までさまざま!

ふるさと納税のポータルサイトを見ると、返礼品の種類の多さにびっくり!「肉やエビ・カニなどの食品から、日用品や家電、宿泊に使える利用券まで多種多彩。ただ、通常のお取り寄せとは違い、配達希望日を指定できなかったり、届くのが数ヵ月後だったりすることも。生鮮食品ばかり選ぶと消費するのが大変になることもあります。バランスが大切!」
“"


イラスト/伊藤美樹 取材・文/いなもあきこ

with12月号では、知ってるだけでトクをする、お金の「 基本のキ」を特集! クレジットカードの基本的なおトク情報から、初めての投資のハウツーまで、お金にまつわる様々なことを総まとめ☆ こちらもぜひチェックを!



with12月号では、朝考えないでしかもおしゃれなコーデを大特集!人気ブロガー日比理子さんによる朝のラクコーデ着まわし20days、10分でできるメイク、時短ヘアアレンジ、驚異の低価格で挑む安いのにおしゃれコーデ、クリスマスコフレ、ラクかわおつまみレシピ、冬に行きたい厳選宿など内容盛りだくさんでお届けしています♡

1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ