マネー
マネートピックス

コロナ明けの旅をおトクに!初心者でも簡単3ステップで「陸マイラー」に♡

新型コロナウイルス感染症の感染拡大が始まり、1年以上が経過しました。自粛生活を長期間続けていると、どうしてもストレスがたまりがちに。「あ〜、コロナが明けたら南の島で癒されたい……」と思っている人が多いのではないでしょうか? ただ、コロナ明けは旅行人気が上昇すること必至なので、旅行代金も跳ね上がりそうな予感もします。
そんなコロナ明けに、おトクに旅をしたい人におすすめしたいのが、自粛ムードの今のうちに日々のお買い物でマイルをせっせと貯めておく、「陸マイラー」の活動を始めておくこと。
忙しい人でも実践しやすく、かつ効率的にマイルを貯める方法をお教えします。

「陸マイラー」とは?

ビジネスクラスでハワイ旅行も夢じゃない!

「陸マイラー」と書いて「おかまいらー」、もしくは「りくまいらー」とも読みます。サーファーのようなファッションをしているけれど、実際にはサーフィンをしない人を「陸サーファー(おかさーふぁー)」と呼びますが、それを文字って名付けられたと言われています。
陸マイラーとは、飛行機に乗らずに航空会社のマイレージを貯め、特典航空券に交換して旅行を楽しむ人たちのこと。マイルは、飛行機に乗る以外にも、クレジットカードを利用して買い物をしたり、ポイントサイトなどを利用したりすることで貯めることができます。ツワモノだと、1年で20万マイル以上も貯め、ビジネスクラスを利用してハワイ旅行を楽しんでいる人もいるようです!

【STEP1】まずはどの航空会社のマイルを貯めるのか決める

どの航空会社のマイルを貯めるのかをはっきりさせておくことで、マイルを分散させることなく、効率的に貯めることができます。日本に住んでいるなら、就航している路線の多さとマイルの貯めやすさから、JALかANAの二択になるのではないでしょうか。

ポイント! 航空連合をチェックしてから決めよう

航空会社のほとんどは世界規模の航空連合に加盟しています。飛行機に乗った時、「今日もワンワールドアライアンスメンバー日本航空をご利用くださいまして、ありがとうございます……」というアナウンスを耳にしたことはありませんか? あの、「ワンワールド」というのが航空連合のことです。世界的な航空連合は、「ワンワールド」「スターアライアンス」「スカイチーム」の3つがあり、JALは「ワンワールド」、ANAは「スターアライアンス」に加盟中。同じ航空連合に加盟していると、航空会社同士でマイレージプログラムを相互利用できるようになっています。つまり、JALはモルディブまでは就航していませんが、JALのマイレージプログラムで貯めたマイルを使い、同じワンワールドに加盟しているスリランカ航空のチケットを予約してモルディブに旅することができるというわけです。また、スリランカ航空を利用した場合、JALのマイルを貯めることができます。そのため、航空連合の加盟会社一覧をチェックしてからどちらのマイルを貯めるのかを決めてもいいかもしれません。

もちろん、「サービスが丁寧だから」「機内食がおいしいから! 」という理由で、マイルを貯める航空会社を決めても構いません。
次のページ>>マイルを貯める航空会社が決まったらやることとは?  
41 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ