マネー
マネートピックス

杉原杏璃「株を買った後、2~3日は値動きを見ない!」株初心者がやりがちなミスって?

グラビアクイーンとして大活躍中だった杉原杏璃さん。23歳のときに株式投資を始め、今や1憶円以上の資産を運用し、“株ドル”と呼ばれ、取材に講演にと引っ張りだこの日々です。そんな杉原さんの最新著書が、『マンガでよくわかる株1年生~億り人 杉原杏璃と一緒に』(かんき出版)。そのタイトル通り、株初心者にも分かりやすい内容の超入門書。

そこで、これから株を始めてみたいと思っているwith読者のために、株のいろは、そしてアラサーで考えるべきお金と人生のことをレクチャーしてもらいました。その内容を4回にわたってお届けします!

初めて株を買った時の印象は「こんなに簡単なんだ!」

――杉原さんは株式投資を始めて16年。開始5年で1000万円の利益を出し、その後、ご両親に家もプレゼントされたとのこと。でも、もともと株の知識があったわけではないんですよね?

杉原杏璃さん(以下、杉原) ええ、完全な独学です。始めるにあたって、ハウツー本は1冊読みました。

――そもそも、株を始めてみようと思ったきっかけは何だったのでしょう?

杉原 始めたのは23歳のとき。当時はまだタレントのお仕事だけでは食べていくことができず、貯金も寂しくなってきていたので、「ならばお金に働いてもらおう」と思ったんです。当時は若かったので勢いもあり、「株は始めれば増えるもの」と楽観的に考えていたんです。

とはいえ、いきなり貯金を全額つぎ込んだわけではありません。貯金の残りが100万円ぐらいだったので、なんとなく投資するならその中の2、3割かなと思って、30万円くらいを資金にスタートしました。もちろん「株式投資は余剰金でおこなう」というのは基本のキなのですが、当時の私はそんなことも知らなくて。たまたま正しい始め方をしていただけ。今振り返れば幸運でした。

――初めて株を買ったときの印象っていかがでしたか? やはりドキドキするものですか?

杉原 私はネット証券の楽天証券から買ったので、購入ボタンをクリックしただけ。ネットショッピングするのと変わらなくて、「こんなに簡単なんだ」というのが一番の印象でした。それまでは株って、社長や偉い人がやるものだと思っていたので、もっと難しくてややこしいものだと思っていたんですよ。
次のページ>>要注意! 株初心者がやりがちなミスって?
30 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ