マネー
慶應卒の金融エリート 肉乃小路ニクヨのお金の相談所

目先の安定 vs 将来を見据えた金欠生活…学びのために「脱サラ」するか悩み中です【ニューレディー肉乃小路ニクヨのお金の相談所vol.24】

慶應卒の金融エリート 肉乃小路ニクヨのお金の相談所【第24回】

こんばんは♡ 肉乃小路ニクヨです♡

with onlineをご覧になっている皆さま、お疲れ様です。ニューレディーの肉乃小路ニクヨです。本日もwith編集部に寄せられたオシゴト女子のお金の相談に回答していきたいと思います。

【今回のお悩み】

横浜市 / なたでここでたな / 26歳

「私は26歳、大学院修士課程を卒業して社会人2年目のOLです。現在は大企業の営業で手取り月20万円で働いていますが、研究で叶えたい夢があり、再度大学院の博士課程に戻って3年間の学生生活をするか悩んでいます。現在付き合って1年になる彼氏と同棲を計画しており、その先結婚ということも考えるとお金の心配が尽きません。博士課程は審査に通れば月20万円が3年間支給される返済不要の奨学金などもありますが、手取り月収25万の彼氏に今後頼っていくことは不可欠で、頼っていいのか、お金は足りるのか大変不安です。ちなみに博士課程の学費は年間約60万円で、同棲予定の物件は家賃月12万で考えています。将来のことを考えると、地道に働き続けて彼との幸せな生活を続けていくべきなのでしょうか」

インテリガールの進路相談

横浜のインテリガール、なたでここでたなさん。さすがインテリだけあって、お名前も回文でトンチが効いていますね。ナタデココもフィリピン発祥のヘルシーなデザートで、ローカロリーで食物繊維が摂れるトンチの効いた食物です。やっぱり賢い人は同じモチモチ食感でも、実はでんぷんが原料で超ジャンクなタピオカとかで騒がないのですね。

と、インテリいじりはこのくらいにしておいて、26歳の勉強熱心な なたでここでたなさん(言い難いんでこれからココさんと呼びます)。ココさんは年間60万円くらいの学費の院というと、相場を調べると国公立の大学院という感じですかね。ご優秀ですね。奨学金を確実に取れるなら私は行った方が良いのではないかと思いました。

これからは学び直しが当たり前になる時代

まずあなたは幸せ者です。SNS全盛時代で、他人と比較することに明け暮れている同世代の中で、自分のやりたいことを明確に持っていて、実現可能なプランもある。どんどん行けって感じです。ぜひ進学してください。人生100年時代と言われるこれからは社会人になった後も、学び直しするというのが当たり前になってきます。

あなたも今回の博士課程を終えて、社会に戻った後に、またさらに学び直しをするかもしれません。私だって今年46歳ですけど、時間とお金の余裕ができたら、学び直ししたくて仕方がありません。私は相談系の仕事が多いから、心理学的な分野で学び直ししたいなぁと思っています。

相談文を読むと月20万円の奨学金をもらえて、学費は月にならすと5万円となります。そうすると月15万円の収入でやりくりすることになります。ここから税金や社会保険料を払うと結構減ってしまうかもしれませんが、ラッキーなことにあなたには彼氏がいます。彼氏に迷惑をかけるのが心配ということのようですが、同棲から結婚まで考えている彼氏なら、私は甘えてもいいのではないかと思います。だって、先々彼だって学び直しするかもしれないじゃないですか。その時はあなたが支えてあげれば良いのではないかと思うからです。
次のページ>>Pay it forward  
38 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ