マネー
慶應卒の金融エリート 肉乃小路ニクヨのお金の相談所

年収800万円の仕事と、遠距離の彼との甘い生活…どっちを取る?【愛とお金の優先順位】

慶應卒の金融エリート 肉乃小路ニクヨのお金の相談所【第88回】

こんばんは♡ 肉乃小路ニクヨです♡

with onlineをご覧になっている皆さま、お疲れ様です。ニューレディーの肉乃小路ニクヨです。本日もwith編集部に寄せられたお金の相談に回答していきたいと思います。

【今回のお悩み】

沖縄⇆東京 / 海ラバー / 30歳

「東京の外資企業に勤務している30歳、年収800万円の海ラバーです。2020年にコロナが流行ってから、東京の仕事がフルリモートでOKになり、約2年間、東京と沖縄の行き来をする生活をしていました。沖縄で最愛の彼氏も見つけ、半年ほど前から同棲をしています。ただ、コロナが終わりかけ、会社から週に2回の出勤要請が出ました。わがままを言ってしまえば、私は今の給料を保ったまま東京と沖縄の行き来をする生活が良いのですが、無理そうなので、辞めるか迷っています。
沖縄に移住することになればなかなか年収800万円の仕事はない気がするので、かなり年収で妥協することが必要で、それも嫌です。彼氏も沖縄の仕事で年収は300万円ほどなので、お金を頼ることもできず、私が東京で仕事を続けたら遠距離になり、結婚も難しいと考えています。彼氏も大切ですが『800万円を手放すのが怖い、嫌だ』というのが本音です。私はお金にしがみつき過ぎでしょうか? お金より年齢のことも考え、今の彼氏と結婚を選択して、後からお金のことを考えた方が良いですか? ちなみに貯金は1000万円以上あります」

私もかつては海派だった.....。

海って良いですよね。私も若い頃は山か海かと言ったら断然! 海派でした。海って遮るものが無いので明るく開放的で、それが若い頃は良かったんです。だけど年齢を重ねるうちに、強烈な紫外線がうっとおしくなったり、潮風がべたつくように感じたりで、人間ってわがままな生き物ですね。
でも今も月に1回くらいは海に行くようにしています。私は関東の海で満たされてしまう人間なので、江の島や小田原あたりに行くんです。潮風ってベタつくんだけど、塩分が心や身体を浄化してくれるような気がして、お清めの塩的な感じで浴びに行く感じです。沖縄の海って関東の海よりも更に明るくて魅力的だけど、紫外線が強いのでスキンケアにはお気を付けください。
次のページ>>まずは東京で転職活動でフルリモートの仕事を探してみる
40 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ