マネー
慶應卒の金融エリート 肉乃小路ニクヨのお金の相談所

「ご祝儀」って高すぎ…断りにくいので、もはや招待しないでほしい…【ニューレディー肉乃小路ニクヨのお金の相談所vol.31】

慶應卒の金融エリート 肉乃小路ニクヨのお金の相談所【第31回】

こんばんは♡ 肉乃小路ニクヨです♡

with onlineをご覧になっている皆さま、お疲れ様です。ニューレディーの肉乃小路ニクヨです。本日もwith編集部に寄せられたオシゴト女子のお金の相談に回答していきたいと思います。

【今回のお悩み】

東京都 進撃の凡人 27歳

「私は27歳フリーターです。友人から結婚式に招待されることがあるのですが
①御祝儀3万円が自分の金銭感覚的に高すぎる
②ヘアメイクやドレス、交通費等にもお金がかかる
③多額のお金をかけて挙式する意義が疑問で冷めた気持ちになる
④人とのコミュニケーションが苦手で精神的に疲れる
⑤休みが潰れるので身体的にも疲れる
という理由で参加を断りたいのですが、友人に対して断りづらいです。
生活に余裕がある人でない限り、挙式せず貯蓄・投資すべきでしょと思いますが、ニクヨさんはどうお考えですか」

結婚式に呼ばれない女装家

実は私はお金を払って招待客として結婚式に行ったことが人生において3~4回くらいしかありません。結婚式の2次会などにお金をいただいてショウガールとして呼ばれた数の方がずっと多いのです。私が普段はゲイのおじさんで、友人はゲイだらけということもあると思いますが、それでも周囲と比べると少ないなと思っています。友達の数自体が少ないからかな……。
だから、一般的に20代後半に訪れると言われる「ご祝儀地獄」なるものを経験したことがありません。でも客観的事実として、20代後半に1回3万円のパーティーに参加することは経済的に厳しい気持ちはよくわかります。しかも「幸せのおすそ分け」的な感覚で招待されるのも辛いだろうなというのはわかります。「幸せのカタチ」なんて人それぞれだし、好みでない幸せをおすそ分けされてもねぇって意地悪な私は思ってしまいます。はっ…それが相手にも伝わっているから結婚式に呼ばれないのかしら……。
次のページ>>結婚式に友達を呼ぶ意味  
41 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ