マネー
慶應卒の金融エリート 肉乃小路ニクヨのお金の相談所

実際、“子育てのために退職”はアリ? 育児休暇の後、仕事についていけるかとにかく不安です【ニューレディー肉乃小路ニクヨのお金の相談所vol.28】

慶應卒の金融エリート 肉乃小路ニクヨのお金の相談所【第28回】

こんばんは♡ 肉乃小路ニクヨです♡

with onlineをご覧になっている皆さま、お疲れ様です。ニューレディーの肉乃小路ニクヨです。本日もwith編集部に寄せられたオシゴト女子のお金の相談に回答していきたいと思います。

【今回のお悩み】

東京都 瀬戸際のトットちゃん 27歳

「私は27歳の大手企業正社員で、昨年出産し現在育児休暇を取得しています。産前の世帯年収は1150万円で、(夫550万、私600万)夫婦ペアローンを組んで中古のマンションを購入しています。4月から子供を0歳で保育園に預け復職を予定していましたが、コロナウイルス感染の不安や、3歳までそばにいたい気持ちが強くなり、退職を悩んでいます(会社のルールで育休は2歳までしか取れません)。入社前から希望していた部署で働いていますが、子持ちには体力的にキツく、部署内に子育てママがいないこともあり、業務についていけるかも不安です。異動希望は出せますが、行きたい部署がないため退職してもいいかなと考えるようになりました。ペアローンを組んでしまっていることもあり、子供が3歳になるまでは貯金でローンを払い、落ち着いたら転職活動をし、復職するつもりです。どの道働きに出るのであれば、先行きの不安な時代に正社員を手放し専業主婦になるのは、リスクが高いでしょうか? 今以上にお給料を貰える会社に就職できる自信がありません……。社内に子育てのために退社した方がいなく、日々悩んでいます」

トットちゃんといえば

瀬戸際のトットちゃん……『窓ぎわのトットちゃん』をリスペクトしてのペンネームでしょうか? それともただ瀬戸際って言いたかっただけでしょうか? ちなみに『窓ぎわのトットちゃん』はwith onlineを運営している講談社から出版されて、累計800万部を超える黒柳徹子さんが書いたベストセラーです。まさか、講談社に忖度してそのお名前にされたのかしら? そんな深い配慮があったら、私、あなたに惚れてしまいそうです。

私も『窓ぎわのトットちゃん』は小学生の頃に読んだ記憶があります。とても読み易くて私も「トモエ学園」に行きたいなと思ったものです。私も比較的自由な子供だったので、とても共感しながら読んだのを覚えています。子育てにもとても良い本だなと思うので、瀬戸際のトットちゃんも、あらためてご購入されてはいかがですか?と私まで講談社に忖度してみました。

コロナ禍で会社も変化

さて、そんな瀬戸際のトットちゃん(読みにくいのでここからはトットちゃんと言いますね)からのご相談ですが、子育てやコロナの不安で、良い条件で働けている会社に復帰するのが難しそうだということですよね。そうですね。実際にあなたが働いていた職場で、業務内容や量などもあなたが一番わかっていると思うので、あなたが難しいと思っているようならば、その通りなのかもしれません。

でもコロナ禍で様変わりしたのは子育てだけでなく、あなたの働いている会社の働き方も変わっているかもしれません。特にトットちゃんが勤めているような大手企業であれば、リモートワークやITの利用がかなり浸透してきています。なので、あなたが考えている働き方と現状が異なって、もしかすると子育てをしている女性には働き易くなっている可能性もあるのです。その可能性について考えたことはありますか?
次のページ>>本当にそれでいいの?  
42 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ