マネー
慶應卒の金融エリート 肉乃小路ニクヨのお金の相談所

今の時代、転職するなら「異業種」と「同業種」どっち?【ニューレディー肉乃小路ニクヨのお金の相談所vol.26】

正社員をオススメします

脅かすようなことを言ってしまってごめんなさいね。特に今回のコロナ禍の後で、各企業は一体何が本当にこの会社にとって必要な業務なのか、どうすれば少人数で運営できるのかということを徹底的に考えたと思うので、この流れは止められないと思います。そんな中で正社員雇用の話を受けたのはラッキーだと私は思います。日本においての正社員雇用というのはとても辞めさせにくいという特徴があります。だから、仮に経理部門が縮小するとしても、どこかほかの業務に配置させるということになってくると思います。

受身的な発想になってしまうかもしれないのですが、主体的にやりたいことを見つけるまではある程度保証をされた環境に身を置いて、いろいろやってみるというのも悪くない選択肢だと私は思います。私自身も本当にやっていきたいことがわかるまでは正社員の身分で働いていました。安定した身分の中で、時間は限られていましたが、多くのことにトライできたのは今にしてみれば良かったのかなとも思います。

もちろんやりたいことがハッキリしているならば最短距離でその業界に飛び込んでみるというのが良いと思います。どちらにしても今はまだやりたいことがハッキリしていないなら、正社員雇用を経験してみても良いのではないでしょうか。転職回数に関しては外資系の会社ではだいぶ前から不問でしたし、国内でもIT系などで技術があれば不問になってきています。いずれはどこの日本企業もそのようになると思うので、あまり気にしない方が良いと思います。

派遣女子たちの希望の星

えんまさんは働きぶりが真面目だったんでしょうね。でも真面目に働いて、いい結果を出していたら派遣先から正社員雇用を持ちかけられる話ってけっこうあるんです。私自身は派遣社員から正社員になる際に、転職エージェントを使いましたが、私が正社員になってから、派遣社員の方に正社員雇用に変更して欲しいということをお願いしたことはけっこうありました。

だから、今は派遣社員で将来不安だなと思っている人も、必ずチャンスはあるので、職場の環境が良いなと思ったら良いパフォーマンスを続けてください。誠実に成果を上げていれば見ていてくれる人は必ずいます。また、今いる会社だけでなく、取引先の人も意外と仕事ぶりを見ているものです。そこから声がかかるということを私は何度も見聞きしてきました。

仕事って誠実に相手のことを考えてしっかりいい結果を出し続けていると、周りも認めてくれるし、自分の適性もわかってくるし、やればやるほどやりたいことの選択肢が広がって、しかもお金がもらえるという素敵なシステムだと思っています。どうか新しい環境下でも業務時間は良いパフォーマンスを上げて、お休みの日に視野を広げるチャレンジをしてみてください。
次のページ>>本日のニクヨ的お金のアドバイス【動画あり】  
38 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ