マネー
慶應卒の金融エリート 肉乃小路ニクヨのお金の相談所

「結婚したら専業主婦になりたい」働きたくない女性に考えて欲しい3つのこと【ニューレディー肉乃小路ニクヨのお金の相談所vol.64】

慶應卒の金融エリート 肉乃小路ニクヨのお金の相談所【第64回】

こんばんは♡ 肉乃小路ニクヨです♡

with onlineをご覧になっている皆さま、お疲れ様です。ニューレディーの肉乃小路ニクヨです。本日もwith編集部に寄せられたオシゴト女子のお金の相談に回答していきたいと思います。

【今回のお悩み】

東京 / わさビーフ大好き / 27歳

「私はIT系の会社でエンジニアの仕事をしているOLです。私はとても怠け者で、会社から資格を取るように言われても勉強がめんどくさいような人間です。年収が360万円でもスキルを磨いて給料を増やすのではなく、節約して毎月6万円貯蓄するようなタイプです。そんな私が来年を目処に結婚する予定になりました。相手は20歳年上。年収は1300万円ぐらいです。結婚後は『彼が稼いでくれるし、私は働きたくないから主婦になろう』と思っていましたが、老後の心配があり、このまま働き続けようか主婦になろうか迷っています。『旦那が稼いでいるな~』と思うと、仕事を続けるモチベーションも上がりません。やっぱり、仕事を続けるのが正解でしょうか。怠け者で優柔不断な私に喝を入れて欲しいです」

わさびがニガテな元カウチポテト族

わさビーフといえば山芳製菓が1987年に発売した大ヒット商品のポテトチップスですね。私、ポテトチップスは一年に一回くらい食べたくなるのですが、年齢的に厳しくなって、最近はほとんど食べません。たまに飲み屋でお通しでちょこっと出てくると美味しいなと思って食べるんですが、一袋とか食べた日には翌日まで胃がもたれてしまいます。昔はソファーでポテトチップスをつまみながらレンタルビデオ屋で借りた映画をダラダラ見るカウチポテト族だったのにね…わさビーフ大好きさんは27歳ということで、そりゃポテトチップス一袋くらい余裕でしょうね…。
あと、静岡県民や長野県民を敵に回しそうなんですが、私は実はわさびがニガテなんです。すみません。元々わさびがニガテだったのですが、小学校の低学年の頃、夕食時に停電になったことがあって、その間に隣に座っていた私の姉がいたずらで私のご飯茶碗の中にこっそりわさびを入れていて、停電から回復してご飯を食べた際にわさびの塊が口の中に入ってきて、ギャーっとなりました。それ以来わさびが更にニガテになってしまいました。ただ、わさびが本当はニガテだとカミングアウトをするのは成熟した女性として、ちょっと恥ずかしいので、テレビでやっていた鼻から息を吐きながら食べるということを実践して、人前ではなんとか乗り切っています。でもおうちで一人でお寿司を食べるときは必ず「さび抜き」にします。辛いのが嫌いではないのです。どうもわさびと和からしだけが辛い物の中でニガテなんです。だからわさビーフは46歳だけど未体験な私です。
次のページ>>やる気スイッチが入る時期は人それぞれ  
35 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ