マネー
慶應卒の金融エリート 肉乃小路ニクヨのお金の相談所

お金に余裕がなくても一人暮らしはできる? 浪費家でも経済的に自立する方法って?【ニューレディー肉乃小路ニクヨのお金の相談所vol.33】

「シェアエコノミー」を使わない手はない

「シェアエコノミー」というのが世界的な潮流であることはボボーボさんも知っていますよね? もはや若者のインフラ的な役割の「メルカリ」もそうですし、「サブスク」と呼ばれている様々なサービスも「シェアエコノミー」の一種です。同じように住居でも「シェアハウス」というものがあって、個室を確保しながら、共有スペースはみんなとシェアして使える住居も沢山あります。ためしに「埼玉 シェアハウス」と検索してみると、沢山情報が出てきます。シェアハウスを活用すれば費用を抑えながら親元からの自立ができると思います。ボボーボさんが、一人暮らしの醍醐味は「男を連れ込むことだ」と思っているなら、シェアハウスだと辛いかもしれませんが、そうでなければ断然オススメです。男女共用の施設もありますので、出会いを求めるならそういったところに居を構えるのも良いかもしれません。

一人暮らしっていきなり始めるにはわからないことが沢山ありますよね。そういった一人暮らしの悩みについても同じ世代の人と交流もできますし、親を頼らない生活に慣れるためには持ってこいじゃないでしょうか。シェアハウスって家事とかも分担でないといけないの? それだったらできないという人も大丈夫です。今は社員寮的に共用部分の清掃などを管理会社がしてくれるシェアハウスもありますし、なんなら賄い付きのシェアハウスもあります。そして、人間関係が面倒だったらどうしよう? という人は大人数のシェアハウスもあるので、そういった所だと人間関係の息苦しさも低減されるのではないでしょうか。

私も使いたかったシェアハウス

私が20代だった20年前はゲイということやゲイの中でも相当マイノリティであった女装ということへの風当たりが強かったのです。だからシェアハウスって良さそうだなと思ってはいたけど、女装荷物も沢山あるし、そういったことを説明しながら共同生活を送るのが面倒だなと思って、私自身は結局シェアハウスを使いませんでした。しかし私のような特殊な例でなければ、シェアハウスって良いなと思います。最近の若い人はシェアエコノミーに慣れているので、いろいろとスマートにできそうですよね。企業が手放した社員寮などをシェアハウスにリノベーションしているような物件も多くて、本当に今の時代の若者だったら、私は絶対にシェアハウスで一人暮らしをしていたと思います。

そこでまず親元からの自立をして、周りの人を見て、一人暮らしのノウハウを吸収して、シェアハウスでは満足できなくなって、経済的な余裕も出てきたら、本当の一人暮らしをすれば良いのではないでしょうか。もっとも一人暮らしを経験しないでいきなり結婚するというのも全然アリだと私は思います。要は親に頼らないでなんとか生きていくことができる能力というのを身につければ良いのです。いきなり全部一人でやろうとしないで、いろいろな人と触れ合いながら吸収していくというのが現代風なんじゃないかと私は思います。

あ、ちなみに気になっている人が6人もいるようですが、そういうシチュエーションになったら、外でホテルを利用しましょう。ホテル代をケチるような男にロクな男はいないので、そういったところも相手を選ぶ上では判断材料になりますよ。独身生活を大いに楽しんでくださいね。
次のページ>>本日のニクヨ的お金のアドバイス【動画あり】  
39 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ