マネー
OL投資ブログ
23.Feb.2021

投資やるなら知らなきゃ損!?「NISA」と「iDeco」を活用しよう【30代からノリで始める初めての投資レポ-vol.4-】

こんにちは。withLabエディターの島崎レイコです。

そろそろ花粉が飛び始めてムズムズする季節ですね。健康に気をつけながら、引き続き「withLab投資女子プロジェクト」に参加しています。

知って損なし!「NISA(ニーサ)」と「iDeco(イデコ)」

さて第3回目の今回は、実際に投資を行う前に知っておきたい「ちょっとお得な制度」について教えていただきました。具体的には「NISA」と「iDeco」という制度についての勉強です。
pattern_1

「NISA」を使えば利益に税金がかからない!

まずはわかりやすい「NISA(ニーサ)」から。一言で言えば、

・投資で得た利益に税金がかからないシステム

税金って、そんなに高額にならないのでは? と思いがちですが……。

・税金、20.315%もかかります!!

お買い物に行って、たまたま欲しいものが20%オフだったら嬉しいですよね。それと同じくらいの効果がある「NISA」。使わない手はありません。ただし「1年に使える金額」と「期間」に上限があります。それだけ良い条件のシステム、ということでしょうか。

①一般NISA:最大5年、上限金額は年間120万円

pattern_1

②つみたてNISA:最大20年、上限金額は年間40万円

pattern_1
「NISA」には2種類あり、金額が大きいけれど期間が短い「一般NISA」と、金額は小さいけれど長く使える「つみたてNISA」があります。

他にも多少違いはありますが、1年間に「どのくらいの金額」を「どんなスタイルで」投資に使いたいのか? によって選べるようになっています。私はつみたて形式が苦手なのと、国内株式を買いたいので、「一般NISA」を選びました。
次のページ>>「NISA」とあわせて利用もできる、もう一つのお得なシステム「iDeco」とは?  
32 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ