マネー
OL投資ブログ

【はじめての投資】vol.7 はじめての銘柄選び!何を基準に選べば良いの!?

ファンダメンタルズ分析ってなに?

こんにちは!
withLab投資女子プロジェクト」に参加中のまゆかです。

今回は、「投資する株式(銘柄)選択の際に役立つ”ファンダメンタルズ分析”」についてご紹介します!


株式投資をはじめるにあたり、「どの株は将来値上がりしそうなのかな?」「どんな基準で購入する株を選んだらいいんだろう?」と悩みますよね。


そこで活躍するのが、「ファンダメンタルズ分析」です。
これは、会社の財務・業績などに着目して、購入する株 (銘柄) の良し悪し(価値) を評価する手法のことだそうです。

ファンダメンタルズ分析を行うために、チェックしたい3つの指標があります。
それが、「PER・PBR・ROE」!
それぞれの意味と、チェックポイントを解説していきますね。
 
pattern_1
 
 
1.PER


「株価が1株当たり純利益の何倍の値段になっているか」を表す指標です。
現在の株価が割高か割安か判断する目安になるもので、PERが大体「20倍以下であれば割安」と捉えることができるそう。
ただし業種によってPERの水準は異なるため、同業他社どうしの比較をするのに用いるのがオススメみたい。


また、低いほど(割安なほど)良いというわけでなく、「今はPERが低くて割安で買えるけれど、これから伸びそうな兆しがある」といった銘柄を選ぶと、株式投資で利益を得やすいそう。
 
「企業名〇〇 PER」と検索すると、ランキング形式で、会社名がずらりと並んでいました!
pattern_1
2. PBR

株価が会社の純資産の何倍の値段になっているか(=会社の純資産に対して株価が適切な水準か)」を見る指標で、低いほど割安という意味になります。


基本的には、「1倍」を割ると割安と判断できるそうですが、常に変動する値であるため、これも、同業他社と横並び比較すると良いそう。

そして気を付けなければならないのは、「PBRが1倍を割っている(=割安になっている)企業への投資は慎重になる必要がある」 ということ。赤字続きで、長期にわたりPBRが低いままの会社は、株価が下落していく(=投資したら損をする)可能性が大きいからです。
 
将来性や業績のアップダウンをよく見た上ではじめて、「割安だから買い!」と判断すべきなんでしょうね。
こちらの指標も「企業名〇〇 PBR」と検索すると、ランキング形式などで載っていたので、気になる企業をチェックしてみました。
pattern_1
3.ROE

「投資家が投下した資本に対し、企業がどれだけの利益を上げているか(資本を効率的に活用できているか)」を表す指標。

つまりROEの数値が高いほど、効率的に稼げている=投資価値のある会社だと評価できます。
日本企業の場合は、8%を超えていればそれなりに優良な銘柄だと判断して良いそう。

こちらの指標は、SBIなどの証券会社HPやアプリで確認が可能でした!

おまけ★

ちなみに、今回の講座では「with読者におすすめ株の見つけ方」も教えてもらいました♡
それは……自分の「スキ」から探すこと、トレンドをヒントにすること!です。


たとえば、先月号のwithを読んでみると、「最新VR」や「リモート映えトップス」が、今月号では、「CBD」や「マッチングアプリ」が紹介されていますよね。

他の雑誌を見てみても似た題材の特集が組まれていることから、これらに関わる会社ってもしかして今人気や注目度、そして株価も上がってるのでは……!?と妄想できます。笑
 

トレンドにアンテナを張っていたら、株式投資でも成功しちゃった!なんてことになったらカッコいいなぁと思いました!笑


私はまだつみたてNISAを始めたばかりなので、株式投資に手を出すのはまだ早いかな?と思っていますが、
今から色んな企業に興味を持って、トレンドにアンテナ張っておきたいと思います♪
pattern_1
 
14 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ