マネー
OL投資ブログ

【withLab投資女子】手数料ってやっぱり大切!基本は◯◯なものがいい?

こんにちは。withLabエディター高遠です。
withLab投資女子プロジェクト、今回のおさらいは気になる「手数料」について。

そもそも手数料ってどういうこと?

手数料を制するものは投資を制す?

手数料とは即ち投資信託へ投資をした時にかかってくるコストのこと。

具体例をあげると、購入時にかかる販売手数料、運用時の手数料とも言える信託報酬、そして解約時のコスト信託財産留保額。投資信託をしている間は常にこれらのコストと隣り合わせなんですね。

常に投資と隣り合わせのコスト(手数料)ですから、これを制すれば投資をも制する! というのはもっともかもしれません。

「それなりの対価は必要」マインドの良し悪し

ちょっとだけ余談を入れますと、投資に限らずなんですが、実は私「自分が払った手数料やサービス料でお給料貰って生活してる人たちがいるから」と、ある程度までは手数料も厭わない節がありまして。

何かをするにはそれ相応の対価が必要だし払って当然という考えのもと日々生活しているのですが、この考え、投資をする上では必ずしも褒められたものではなさそうでした(笑)。
pattern_1
販売手数料については0%~3.3%のものが主流なのだそうですが、例えば、手数料がそれぞれ0%と3%の投資商品があったとしましょう。
100万円を投資に使うとすると、前者は100万円全額投資に費やせますが、後者は3万円差し引かれた状態でのスタート。

スタートラインが違ってくるんですね。

次に、日々の信託財産から引かれているコスト、信託報酬について。これは本当に引かれている実感が湧きづらいようなのですが(体感的には給与天引きに近いイメージでしょうか?)、そんな見えないコストだって塵も積もればなんとやら。意外と結構な金額になる可能性だってありますからね
えええ。なんてこと。ちょっと侮れませんね。具体的な基準としては0.5%ほどのものを探すとよいのだそうです。
またインデックスファンド(投資ファンドの基準価額がある指標と同じ値動きを目指す運用のこと)の方が、比較的リーズナブルに手数料設定されているとのこと。

解約手数料についても、言わずもがな手数料は安めのものを選んでおくのが自分のためです。繰り返しになりますが、塵も積もれば何とやら、です。

少しでもコストを抑えて運用に回すべし!手数料が安いものはこうして探す

じゃあ安い商品はどうやって探すの! という話ですが、これは各ホームページだったり目論見書などを参考にすればいいとのことです。

なるほど……。

本番に入る前にプレ投資試してみた

pattern_1
実際に投資する前にちょっと感覚を慣らしたいと考え、先日とあるクレジットカード会社のポイント投資(投資もポイント、引き出す際もポイントなのでリアルマネーは動きません)を始めました。
まだ始めて3週間なのでとくにポイント利益は増えていません。

まだ2ポイントマイナスになったり1ポイント戻ったりと毎日微妙に変化していくので妙にドキドキしている段階ですが、ここから一皮剥けさせて、長い目で見て焦らず気長に構えるマインドを養っていこうと思います。

それでは。
 
15 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ